映画「ミート・ザ・ペアレンツ」より:

lighten up
(態度・振る舞いを)柔和にする、手綱を緩める、手加減する


パムの母・デイナはこれまでもジャックが厳しいチェックで
娘の彼氏を追い払っていたこと、
結局のところ、その態度が娘の幸せを遠ざけているのだとジャックに伝える。

その言葉にさすがに反省せざるを得ないジャック。

そしてすでに家を出て行ったグレッグをどうにか捕まえ、話をする機会を得る。

滞在中のグレッグの行いは良い事ばかりではなかったが
それも全て、パムへの愛と彼女の家族に好かれたいがための行動であったことを
ジャックは改めて知るのだった。

Did you spray-paint the tail of a cat to pass him off as Mr.Jinx?
ノラ猫の尻尾をスプレーペンキで塗って、うちの猫に見せかけた?(ジャック)

Yes.
はい。(グレッグ)

Because you were desperately seeking my approval?
私に気に入られようと必死だったから?(ジャック)

Yes.
はい。(グレッグ)

(中略)

Do you want to marry her?
娘と結婚したいか?(ジャック)

…I did. Till I met you.
・・・ええ。 あなたに会うまでは。(グレッグ)

(中略)

I think you’ve got some serious issues.
あなたが大きな障害になっていると思います。(グレッグ)

If I lighten up, would you consider marrying my daughter?
もし私が態度を改めたならどうだ?(ジャック)


pass off「人に偽物をつかませる、(物を)偽って人に贈る」。

desperately「死に物狂いで、必死になって」。

seek one’s approval「(その人の)好意を得ようとする、気に入られようと努める」。

issue「(解決出来そうな)問題、課題」。

そして lighten up は「(態度・振る舞いを)柔和にする、手綱を緩める、手加減する」。

lighten「明るくする、照らす」とあることから「いかめしくて重い態度を明るくする」
=「手綱を緩める」というイメージが出来るように思います。

また lighten up には「元気を出して、落ち着いて」という意味でも使われますが
これも「沈んだ心、または焦る気持ちなどを光で照らす」
=「元気を出す、落ち着く」というイメージに繋がりますね。

重い、厳しい、暗い、沈んだ・・・
こういった暗くてヘビーな感情や状態を明るくしましょう、というわけで
ジャックの場合は「厳しい態度を和らげる」=「態度を改める」となります。


※「ミート・ザ・ペアレンツ」は Huluで英語学習向け(英語字幕がある)映画として
2016年7月現在、おすすめ作品になっています。



Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中! >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話