ママと恋に落ちるまで シーズン2 第1話より:

at one’s own pace
自分のペースで、マイペースで


結婚前にもう一度、絵画の勉強をしたいと言うリリーに
カッとなったマーシャルは勢いで別れを宣言。

リリーはNYからサンフランシスコに移ってしまう。

以来、傷心のマーシャルは何も手につかず、アパートに引きこもっているのだが
そんな彼をバーニーは自由で気楽な独身同士の恋愛市場に引っ張り出そうとしている。

He should be down here celebrating.
ここで一緒に祝うべきだろうが。(バーニー)

He’s free. He got that redheaded tumor removed.
自由になったんだぞ。 赤毛のデキ物が取れてな。(バーニー)

(中略)

It’s only been a month.
別れてまだ一ヶ月だ。(テッド)

He just needs to go at his own pace.
自分のペースで進みたいのさ。(テッド)

Anyway, Lily’s the one who caused this whole mess.
何にせよ、悪いのはリリーだし。(テッド)

Hey, cut her some slack. She’s our friend, too.
ちょっと、大目に見てあげなさいよ。 彼女も友達でしょ。(ロビン)

She’s just trying to figure out who she is.
ただちょっと自分探しをしたいのよ。(テッド)

Figure out who she is?
自分探しだって?(テッド)

Yeah, she should call me, I got a whole list.
はっ、そんなの俺に電話をくれれば教えてやるよ。(テッド)

She’s selfish, she’s immature.
彼女は我儘、そしてお子ちゃまだ。(テッド)


tumor「できもの、腫瘍」。

そして at one’s own pace は「自分のペースで、マイペースで」。

・at his/her own pace「彼/彼女のペースで」
・at my own pace「私のペースで」

それぞれの人の「マイペース」で、という事で
my pace(マイペース)は和製英語だったんですね。

at one’s own~「(その人)自身の~」を使った例としては、他にも

・at one’s own risk「自己責任で」
・at one’s own game「自身の得意分野で」
・at your own cost「自己負担で」

等々色々あります。

cut someone some slack「大目に見る、余裕を与える、干渉を控える」

figure out「理解する、答えを見つけ出す」。

figure out who she is(彼女自身が何者なのかを見つけ出す)
=「自分探し」。

I got a whole list(自分は全てのリストを持っている)
=「答えを全て知っている」。

a whole list(全体のリスト)つまり答えは一つではなく複数あり
自分はその全てを知っている・握っている、という感じです。

immature「未熟、未完成、子供っぽい」。

自分の事は棚に上げてリリーに厳しいなあ、テッド(笑)。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話