先日から「Why are the Japanese so resilient – なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」を読んでいます。

なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?


日本が粘り強く禁欲的な理由を探る、その2。

・「なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」(1)
・「なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」(2)
・「なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」(3)
・「なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」(4)
・「なぜ日本人はそんなに打たれ強いのか?」(5)

After the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, international observers were struck by the calm and civility on display as people formed orderly queues outside shops and largely refrained from looting:
2011年の東北地震と津波の後、海外の人々は、皆が店の外にきちんと列を作り、ほとんど略奪を起こさないのを見て、その穏やかさと礼儀正しさに衝撃を受けた、


civility「(不作法でない程度の)礼儀正しさ、丁重、丁寧(な言葉)」。

refrain from~「~を控える・慎む、遠慮する、やめる」。

actions that were often attributed to the gaman spirit.
この行動は我慢の精神に起因することが多いと思われる。


attribute to~「~に起因すると考える、~のせいにする」。

“Japanese restraint is steeped in a culture of tested resilience” read a March 2011 headline in the Los Angeles Times.
ロサンゼルスタイムズの2011年3月の見出しは「日本の抑制力は、回復力を試されてきた修養が染み渡っている」と述べている。


steep in~「(水に)漬ける・浸す、染み渡らせる」。

culture「教養、洗練、文化、精神文明、訓練、修養、養殖、栽培」。

The slogan exhorting “ganbaro Tohoku” (the inclusive form of “ganbaru”; meaning roughly, “let’s hang in there”) abounded on signs in public places and on the Web.
激励のスローガン「がんばろう東北」(「頑張る」の包括形)は、公共の場所やウェブの標識にたくさんあった。


exhort「熱心に(強く)勧める、奨励、激励」。

abound「たくさんいる、富む」。


こちらの感覚からすると、何ですぐに looting「略奪行為」をするのか?と思うんですが・・・、恐らく色んな種類の常識を持った多民族の国とは事情が違うのでしょうね。

とにかく日本は災害が多発してきた国なので、忍耐を強いられる事も多く、その環境が独特の抑制力を養ったのかもしれない、という話でした。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記