ホワイトカラー シーズン2 第2話より:

He knows how to slip a tail.
尾行をまかれてしまった。


ピーターは自分と同じくFBI捜査官のダイアナと組み、
ニールには内緒でケイトを殺した犯人を捜している。

ケイト殺害事件の鍵を握っていると思われる、OPIのファウラーが
ある人物と密会するという情報を得た二人は
その人物が何者なのかを突き止めるため、現場に向かい張り込みを続ける。

約束の時刻が来て、怪しげな男が姿を現した。

「FBIだ!」とその男を追いかけるピーターとダイアナだったが
惜しくも男を取り逃がしてしまう。

冒頭のセリフはそのシーンでのダイアナの言葉です。

tail は「尻尾、尾行する」、slip は「こっそり動く、忍び出る」といった意味なので
slip a tail は「(相手が)尾行から忍び出る = 尾行を巻く」となります。

加えてダイアナは He knows how to 「彼はどうするか(尾行の巻き方を)知っている」と
言っていますので、この一言で相手は素人じゃないということも示しています。

そしてその言葉を受けてピーターも

Yeah, this guy’s no civilian.
そうだな。奴はただの市民じゃない。


と返しています。

また「~を尾行する」という時は put a tail on ~ を使って

The FBI put a tail on him.
FBIは彼を尾行する。


となります。

私の英語リスニングの相棒です

nullこの英会話例文コーナーでは、私自身が色々な英語番組を見ながら、役に立ちそうなフレーズ、気に入った英会話例文などをご紹介しています。
主にドラマ、映画、ドキュメンタリーなどから活きたフレーズを拾うよう心がけていますので、教則本にあるような味気ない文章ではなく、本当に今からすぐに使えるフレーズばかりです。

ただしそういった英語番組では通常、英語字幕はありませんので、フレーズは全て私自身の耳で拾っています。

そして、その書き起こしを陰で支えてくれているのが「リスニングパワー」です。

「リスニングパワー」は、従来の会話文を聞いて耳を慣らすという方法ではなく、英語と日本語の周波数に注目し、英語を聞き取りやすい耳を開発するというコンセプトで作られたリスニング教材で、これは英文を暗記して覚えるようなものではなく、日本人が英語を正確に聞き取れない最大の要因である「英語にあって日本語にない音の周波数」を聞き取る訓練をするというものです。
その最大の特徴は2~3週間という短期間でも効果を得やすいことです。
そのためハリウッド進出を果たした多くの日本人俳優・女優さんの間でも、英語力の強化法として「リスニングパワー」が採用されているほどです。

私自身、このコーナーのための書き起こしをする前に、5~10分ほど「リスニングパワー」を聞くようにしていますが、以前より正確に、より早く英文を聞き取れるようになったと思います。

私のリスニングパワー体験記はこちらをどうぞ >>

サンプル音声が聞ける、リスニングパワー詳細ページはこちらからどうぞ >>



EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを実施中です!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話