ホワイトカラー シーズン3 第14話より:

content
望みを叶えてやる、満足させる


ニールとダイアナが消えたヴァイリオンを追っている間、
ピーターはエリザベスの両親と過ごす週末に、早くもグロッキー状態であった。

なぜならエリザベスの父とピーターは、いまいち折り合いが悪く
やることなすことケチをつけられるためだ。

しかし婿の立場としては、何とか無事に妻のバースディを乗り切らねばならない。

そこでモジーの助けも借りつつ用意した
取っておきのプレゼント(思い出の写真が入ったデジタルフォトフレーム)を渡すというシーンです。

Honey, right here is my gift.
ハニー、私からのプレゼントだよ。(ピーター)

(中略:皆でプレゼントの写真に見入る)

This is a lovely thing to do, Peter.
ピーター、最高に素敵だわ。(エリザベスの母)

We live to make our girl content.
娘の幸せが私たちの生きがいだ。(エリザベスの父)

As do I, sir.
私もです。(ピーター)


content は、ネットの世界でもよく知られている言葉で
普通は「中身、内容物」という意味で使われることが、ほとんどではないかと思います。

しかし content にはその他にも
「望みを叶えてやる、満足させる、要望を満たす」といった意味もあり
今回はそちらの意味で使われています。

全体的に「中身を詰める、満たす」というイメージで見ると
どちらの意味も把握しやすいように思います。

2週間で発音の改善効果を実感「成功英語 発音の3ステップ」

null「成功英語 発音の3ステップ」は、作家・実業家としても知られるジェームス・スキナー氏が開発した、最短2週間でネイティブのような発音を身につけるための教材です。

実はこの「成功英語」は一風変わったメソッドで、スキナー氏考案の独自の発音記号を元に練習を進めるのですが、この発音記号が、ちょっとした発明と呼べるほど出来が素晴らしく、そのおかげで従来の発音練習に比べて、非常に少ない手間と時間で美しい発音が身につくよう設計されています。
実際に私自身も、1日10分の練習を10日間、正味100分程度の練習で、発音が改善されたという実感を得ています。

この教材は特に12歳以上の大人の方、一般的に耳から英語を聞いても、正しい発音を身につけるのが難しいとされる年代の方にこそ、おすすめです。

私の「成功英語」体験記はこちらをどうぞ >>

成功英語 発音の3ステップ 詳細ページはこちらからどうぞ >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話