ブレイキング・バッド シーズン1 第7話より:

rip off
盗む、略奪する、ぼったくる


自分のガン治療費用と、遺される家族のために
再びドラッグ製造で大金を稼ぐことを決意したウォルターは
パートナーのジェシーにメス生成に必要な品々を買い集めるよう指示をしていた。

買い物リストに添ってそれらを買い集めたジェシーだったが
肝心のメチルアミンという薬品が、どうしても入手できずにいた。

それは正規ルートでの入手はほぼ不可能な物質であり
残る方法はプロの窃盗団に依頼するしかない状況。

そのことをジェシーがウォルターに相談するシーンからです。

Well, half this crap I could just buy, right?
(買い物リストの内)大抵は簡単に買える物ばかりだ、だろ?(ジェシー)

But this methylamine not so easy.
けどこのメチルアミンってのが難しくて。(ジェシー)

They got it locked down tight.
厳重に管理されてるからな。(ジェシー)

I did find some pros who will rip it off for us.
それを入手してくれるプロってのを見つけたんだが。(ジェシー)

But they want 10 grand.
1万ドル払えって言うのさ。(ジェシー)


rip off は「盗む、略奪する、ぼったくる」という意味で
イメージとしては rip 「引き裂く、破く」とあるように
誰にも気づかれずコッソリ持ち出すというよりも
ベリッと乱暴に引き剥がして持っていく、荒っぽく大胆なやり方が思い浮かびます。

また旅先などで出くわすボッタクリ、これは

I got ripped off.
ぼったくられた。


ということで、これも財布からお金をむしりとられるような
そんな強引なイメージが浮かんでくる表現ですね。

次の 10 grand は1万ドルを指す言葉で、grand が1000ドルを指し
その10倍だから1万ドルという計算になります。

また書き言葉で1000ドルを意味するものとして K というのもあり
これは広告や求人なんかで見かけます。

こちらも単位は grand と同じく1000ドルですので、10K で1万ドルを示します。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話