ゴシップガール シーズン1 第8話より:

it’s not my place
私の出る幕ではない、口出し出来る立場にない


ダンの妹・ジェニーはある日、離れて住んでいる母の家を訪ね
家に戻って欲しいと頼む。

母・アリソンは画家を目指すと言って家を出たまま
家族とは離れ、ハドソンに暮らしているのだった。

ジェニーは家族のためによかれと思ってした事だったが
今はアリソンに別の男性の影がある事を知っているルーファスは
突然舞い戻った妻に戸惑いを見せるのだった。

Hi, honey. How was hudson?
おかえり。ハドソンはどうだった?(ルーファス)

Your mother must have been kind of surprised to see you.
母さんはお前が行ってビックリしてただろう。(ルーファス)

Yeah, she was. Hi, Rufus.
ええ、驚いたわ。 ルーファス。(アリソン)

Alison. What are you doing here?
アリソン。 ここで何してるんだ?(ルーファス)

(中略)

Okay, dad, I know it wasn’t my place to ask mom to come back.
あのね、パパ、私がママに戻って来いなんて言える立場じゃなかったけど。(ジェニー)

(中略)

I just felt that nothing’s ever gonna change if someone doesn’t do something.
誰かがどうにか動かなきゃ、何も変わらない気がしたの。(ジェニー)


it’s not my place は「私の出る幕ではない、口出し出来る立場にない」、
place には「場所、立場、順番」といった意味があるので
直訳すると「それは私の場所ではない、場違いである」=「出る幕ではない」となります。

「画家になりたいから行ってきます」と居なくなってしまうお母さんもスゴイですが
それを許したルーファスと家族も懐が広い・・・。

どうもルーファスの好みは痩せ型のブロンド美人みたいで
元カノでセリーナの母、リリーとそっくりでした。

お母さんが夢を追うために別居して、子供たちは母の家にも行き来するというのは
日本だったらかなり珍しい家族関係かなと思いますが、
アメリカは離婚した両親の間を行き来する子供も多いので、
まあアリって感じなんでしょうか。

ややこしい異性問題抜きで、互いの夢を応援し合えたら理想的なんですけどね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話