ゴシップガール シーズン2 第22話より:

get to the bottom of~
~の真相を探る、~の根本を突き止める


セリーナはスペイン旅行中に、ガブリエルという男性と良い仲になっていた。

彼は元々セリーナの友人・ポピーの彼氏だったが、
旅行中にポピーとケンカ別れとなり2人は急接近、酔った勢いで結婚式まで挙げて来た。

その結婚はのちに無効となったが、セリーナはこの新しい恋に夢中な様子。

しかし話を聞いていたブレアは
ガブリエルの行動はどこか不自然だと指摘する。

彼はいつもセリーナとのデートを仕事を口実に切り上げ
未だまともにディナーすらしていないというのだが・・・。

Let me get this straight.
つまりこういう事ね。(ブレア)

He goads you into making the ultimate commitment,
彼はあなたに結婚の誓いを急かしたのに、(ブレア)

and now he can’t stick it out through a whole dinner?
向こうはディナーさえマトモに付き合わないわけ?(ブレア)

He didn’t goad me. It was romantic.
急かされたわけじゃない。 ロマンティックだったよ。(セリーナ)

Gabriel is disappearing for a reason.
ガブリエルは理由があって居なくなるの。(セリーナ)

We need to get to the bottom of it.
真相を探る必要があるわね。(ブレア)

No, we don’t.
やめてよ。(セリーナ)

Oh, come on! Let’s follow him tonight.
いいじゃない! 今夜彼を尾行しようよ。(ブレア)

(中略)

Doesn’t that sound at all fun?
楽しそうじゃない?(ブレア)

No, not even a smidgen.
いいえ、ちっとも。(セリーナ)


let me get this straight 「はっきりさせてくれ、話を整理させて欲しい」

goad 「(人を)刺激する、追い立てる、せっつく」。

ultimate commitment(究極の約束)=「結婚の誓い」。

stick it out 「最後まで(頑張って)やり遂げる」。

for a reason 「事情があって、わけがあって」。

そして get to the bottom of~ は「~の真相を探る、~の根本を突き止める」。

bottom「底、基幹」までたどり着く、ということで
問題や謎、疑惑の底まで追ってみよう、確かめてみよう、となります。

smidgen「ほんの少し」、
not even a smidgen(ほんの少しもそうではない)=「ちっとも」。

smidgen は、a little、 slightly と同じ意味で
家族や友達同士で使うようなカジュアルな表現です。

セリーナはもちろん彼氏の素行調査などしたくないと言うのですが、
ブレアとチャックが暴走し始めることになります。

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話