ホワイトカラー シーズン1 第5話より:

time is not on our side.
今は時期(タイミング)が悪い。


自分の前から消えた恋人・ケイトを探すべく
ワインボトルの暗号を頼りにグランドセントラル駅にたどり着いたニール。

相棒モジーが見守る中、橋げたに隠されたケイトからの手紙を見つける。

だがそこに書かれていたメッセージは、大掛かりな仕掛けの割にはあっけないものだった。

“Dear Neal.
「ニールへ。

Heard you’re looking for me.
私の事を探しているそうですね。

Wish I could explain more, but time is not on our side.
もっとちゃんと説明できればいいんだけど、今は時間がないの。

But you need to stop looking.
でももう私を探すのはやめて。

No one can deny what we have, but it’s over.
私たちの仲は本物だったけど、もう終わったの。

Please move on. Kate.”
先へ進んでちょうだい。 ケイトより。」

All this for “move on.”
これだけの仕掛けをして「先へ進んで」だけとは。(ニール)

Oddly bipolar.
矛盾してるな。(モジー)


looking for~「~を探している」。

そして Time is on my side は「今は時期が悪い、タイミングが悪い」。

ケイトは何者かに身柄を拘束され、ニールの元から突如姿を消しており
ニールは彼女の行方を追っているという状況。

Time is on my side というと、
ローリングストーンズのヒット曲のタイトルとしても知られており
この場合は「今がチャンス、時が自分を味方してくれている」という意味になります。

何か自分が望むことをする好機、
または何かを実行する余裕・時間が充分あるときなどに使えるフレーズです。

しかし今回のケイトの文章はその逆で
「時は私たちの側についていない、今は時期が悪い、タイミングが悪い」
もしくは「時間が迫っている、何かをする余裕・猶予がない」
という意味になります。

全体の文面から考えると、今回のケイトの場合は
「時間がない、余裕がない」という意味で使っているように思います。

No one can deny what we have(私たちの事は誰にも否定できない)
=「私たちの仲は本物」。

move on「先へ進む、どんどん進む」。

oddly「奇妙に、変に、おかしな」。

bipolar「二極の、両極地の、相反する」。

oddly bipolar(奇妙に相反する)=「矛盾している」。

私の英語リスニングの相棒です

nullこの英会話例文コーナーでは、私自身が色々な英語番組を見ながら、役に立ちそうなフレーズ、気に入った英会話例文などをご紹介しています。
主にドラマ、映画、ドキュメンタリーなどから活きたフレーズを拾うよう心がけていますので、教則本にあるような味気ない文章ではなく、本当に今からすぐに使えるフレーズばかりです。

ただしそういった英語番組では通常、英語字幕はありませんので、フレーズは全て私自身の耳で拾っています。

そして、その書き起こしを陰で支えてくれているのが「リスニングパワー」です。

「リスニングパワー」は、従来の会話文を聞いて耳を慣らすという方法ではなく、英語と日本語の周波数に注目し、英語を聞き取りやすい耳を開発するというコンセプトで作られたリスニング教材で、これは英文を暗記して覚えるようなものではなく、日本人が英語を正確に聞き取れない最大の要因である「英語にあって日本語にない音の周波数」を聞き取る訓練をするというものです。
その最大の特徴は2~3週間という短期間でも効果を得やすいことです。
そのためハリウッド進出を果たした多くの日本人俳優・女優さんの間でも、英語力の強化法として「リスニングパワー」が採用されているほどです。

私自身、このコーナーのための書き起こしをする前に、5~10分ほど「リスニングパワー」を聞くようにしていますが、以前より正確に、より早く英文を聞き取れるようになったと思います。

私のリスニングパワー体験記はこちらをどうぞ >>

サンプル音声が聞ける、リスニングパワー詳細ページはこちらからどうぞ >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話