ホワイトカラー シーズン5 第11話より:

in light of~
~に照らしてみると、~を考慮すると


引き続き、ピーターの昇進を祝うニールと
自分がいなくなった後に思いを馳せるピーターとの会話からです。

Hard to imagine not working here anymore.
もうここに来ないなんて想像もつかないよ。(ピーター)

Yeah.
そうだな。(ニール)

Poor Jones.
ジョーンズは気の毒に。(ピーター)

What’s he gonna do?
彼は何を?(ニール)

Well, I’m hopeful that he will keep you out of trouble.
うむ、これからは彼をお前の監督役にと思ってるんだが。(ピーター)

In light of recent events, I’m not sure that’s the best idea.
最近の出来事を考慮すると、そいつは良い考えとは思えないな。(ニール)


in light of~ は「~に照らしてみると、~を考慮すると」ということで
このシーンでは、ここまでの自分の行状を鑑みると、
それではジョーンズに申し訳ない事になるだろう、という感じでしょうか。

ニールは確かにしたたかで油断ならない詐欺師ではあるものの
いつも最後の一歩を踏みとどまる良識というか、だらしなさが無くて
その辺が魅力的なのかもしれませんね。

とはいえカモにされるのはやっぱり嫌ですが(笑)。

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話