このGWは、夫の仕事の関係で接客の手伝いに出かけていました。

扱う品物が日本風の品が多く、東京でしたので外国人のお客さんも結構来ます。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ・・・様々な国のお客さんと接したのですが
やはり共通言語は英語で、完璧とは言えないながらも楽しくお話ししました。

その場所での接客は、他にも色々な方が各ブースの手伝いに来ており
20代と思しき方もたくさんいたんですが、英語が苦手な方が多いみたいで
外国人のお客が来ると、少し困っていた様子でした。

お客さんの側にも10代、20代の外国人はたくさん居たんですが
外国のお客さんに比べて日本の若者はとってもおとなしくて
おこがましくも彼らの様子が気にかかってしまいました。

見ていて思ったのは、
「ひとまず文法などは間違ってても大丈夫じゃない?」でした。

というか、英作文などでは優秀な人もたくさんいると思うんですが
どうも会話となると、日本の若い人たちの方が遠慮がちで
無言になることが多い感じでした。

私も人の事は言えませんが、お客さんの方はブロークンでも質問があれば
どんどん聞いてきていました。

間違っててもとりあえず伝わればOK、という気楽さで人目も気にしないし、
ボディランゲージも含めてディスカウント要求とか
相手はグイグイ来るわけです。

日本人の場合は(私も夫もそうですが)他の日本人の前で英語を話すのが苦手、
もしくは話したくない人が多い気がします。

彼らも恐らく出来ないわけではなく
上手に話せないから・・・、間違ってたら恥ずかしい・・・とか、
そんな気持ちがあるようでした(若い時は皆そうですよね)。

しかし今日はがんがん英語で話す日だ、と決めたら
恥じらいは家に置いてこないといけません(笑)。

それに人の英語が正しいか間違ってるか、いちいちチェックするほど
皆ヒマではないので、意外と大丈夫です(笑)。

そういう様子をつい数日前に見て、もし彼らが英語のEQを高められたら
外国人の接客なんて、楽しくて仕方なくなるだろうな~と思いました。

その意味では、やはり本城式EQ英会話は役に立っていて
こうした外国人がたくさん話しかけてくるような場所で
一切物怖じしない、というかむしろ話しかけて!という気持ちでいられるのは
元々の気質もあるでしょうが、EQ英会話のおかげもあると思っています。

あの場でいきなり彼らに私がEQ英会話をすすめたら
キモいし余計なお世話なので言えませんでしたが、
このGWに一緒にやっていた方で、もし興味がある方がいたら、
私から本当におすすめします。

会話に必要な力はパンパンに詰まっているけど、その缶のフタが開いてないような
そんな感じの人が、EQ英会話でフタをスコンと開けると、
かなり英語の世界が違ってくる
と思います。

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記