エンパイア 成功の代償 シーズン1 第12話より:

start from scratch
ゼロから始める、何もないところから始める


ルシウスからエンパイアを追い出されたクッキーは
今度は三男ハキームと、新たなビジネスを始めたいと思っていた。

次男ジャマルは、ルシウスからエンパイアの後継者に指名され
今では父との関係も改善しつつある。

一方、後継者から外されたアンドレとハキームは
エンパイアを手に入れるために、別の手段を講じようとしていた。

クッキーからの誘いを受けたハキームは
この際クッキーとも手を組んで、エンパイアを手に入れようと思いつく。

I don’t like what Lucious did to you.
ルシウスの判断は気に入らないね。(クッキー)

You saying Jamal don’t deserve it?
ジャマルじゃ不適格だと?(ハキーム)

No, that’s not what I’m saying. I’m saying you do, too.
ううん、そうじゃない。 ただあんただって良いのに。(クッキー)

I think Lucious should have gave it to both of y’all.
ルシウスはあんたにも経営権を渡すべきだ。(クッキー)

(中略)

I want Empire.
エンパイアが欲しい。(ハキーム)

Let’s build our own, you and me.
それじゃ一緒に新しい帝国を築こうよ。(クッキー)

I did it before. You know I’m good, Hakeem.
あたしなら上手く出来る。分かってるだろ、ハキーム。(クッキー)

(中略)

Look, Mom, we don’t got to start from scratch no more.
それならゼロからやり直す必要は無い。(ハキーム)

What you talking about, boy?
どういう意味?(クッキー)


deserve「~に値する、~の価値がある、~を受ける資格がある」。

y’all は you all「あなたたち、みんな」の略で、ヨー、と聞こえます。

クッキーはよくヨー、ヨーって言っていて
「エンパイア」以外であんまり聞いたことが無いので調べてみたら
元はアメリカ南部の方言のようです。

前に「トップギア」で3人組がアメリカ南部を車で走るという企画で
その車の側面に南部の人々が嫌がる言葉(ゲイ最高、とかそんな感じの)を書いて
走ってみる(彼らをからかってみる)という回で
通りすがりに野次られるのは当たり前、
ガソリン補給に寄った店では怒鳴られ、という感じだったんですが
(まあジェレミーも挑発していたとは思うし、カメラにも気づいていなかった)
その後、ライフルを持って絡んできた人がいたのにはビックリしました。

結局、スタッフの判断で車の文字はすぐに消して退散した(?)んですが
よそ者には勇気がいるエリア・・・という印象です。

そして start from scratch は「ゼロから始める、何もないところから始める」。

scratch は「ガリガリ削る、引っ掻く」の他に
「(地面に引いた)スタートライン」という意味があります。

地面を scratch「引っ掻いて」引いた線、それを起点と見立てて
start from scratch「スタートラインから始める」となります。

ルシウスもクッキーも、
ゲットーから start from scratch だったんですよね。


※「エンパイア 成功の代償」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話