ホワイトカラー シーズン3 第16話より:

play into his hands
彼の術中にはまる、思うつぼにはまる


ニールの元カノ・サラがクレイマー捜査官に伝えたウソを、あと数時間で事実にするため
ラファエロの絵画の隠し場所へ急行するニール。

それはルーズベルトアイランドに住む、エレンという名の初老の女性のアパートメントで
彼女はかつて、幼かったニールの親代わりをつとめてくれた女性であった。

エレンとニールは久しく会っておらず、
彼が逮捕される前日に絵画を託して以来の再会だったが
名残を惜しむ間もなく、ニールは再びサラの元へ絵画を届けに向かう。

しかしクレイマーもニールの動きを察知し、
サラの勤務する会社でニールを待ち伏せていたため
ついにニールはボッシュ社のロビーで捕えられてしまう。

そしてその場に居合わせ、ニールに手錠をかける役目を負ったピーターと
ニールとの会話からです。

I should have listened to you.
あんたの言う事を聞くべきだったよ。(ニール)

I played right into his hands.
彼(クレイマー)の思うつぼだった。(ニール)

It’s not over yet.
まだ終わりじゃない。(ピーター)


play into someone’s hands は「(その人の)術中にはまる、思うつぼにはまる」という意味で
これは日本でもよく妻と夫の力関係を表す言い方で
「奥さんの手のひらで遊ばされている」というのがありますが
正にそんなイメージだと思います。

いつになく素直に反省するニールに対し、
ピーターは It’s not over yet と返事をしていますが
実はここから、彼がクレイマーに仕掛けたどんでん返しが巻き起こります。

2週間で発音の改善効果を実感「成功英語 発音の3ステップ」

null「成功英語 発音の3ステップ」は、作家・実業家としても知られるジェームス・スキナー氏が開発した、最短2週間でネイティブのような発音を身につけるための教材です。

実はこの「成功英語」は一風変わったメソッドで、スキナー氏考案の独自の発音記号を元に練習を進めるのですが、この発音記号が、ちょっとした発明と呼べるほど出来が素晴らしく、そのおかげで従来の発音練習に比べて、非常に少ない手間と時間で美しい発音が身につくよう設計されています。
実際に私自身も、1日10分の練習を10日間、正味100分程度の練習で、発音が改善されたという実感を得ています。

この教材は特に12歳以上の大人の方、一般的に耳から英語を聞いても、正しい発音を身につけるのが難しいとされる年代の方にこそ、おすすめです。

私の「成功英語」体験記はこちらをどうぞ >>

成功英語 発音の3ステップ 詳細ページはこちらからどうぞ >>


無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話