ホワイトカラー シーズン4 第13話より:

on the sidelines
傍観者として、傍観して


ニールとモジーが鍵の秘密を解こうと奮闘しているころ
何とピーターも鍵の秘密、それが風景をかたどっていることに気づく。

実はピーターの優秀な部下・ジョーンズが
ニールとモジーの目を盗んで密かにコピーキーを作っており
この二人もニールとモジーには内緒で鍵の秘密を探っているのだ。

この行動を取っているピーターの一番の動機は、もちろんニールの事もあるが
まずプラットという悪の権力者を、法の番人として放ってはおけないという使命感と
彼が理解ある上司・ヒューズを辞職に追い込んだことに怒りを禁じえなかったからである。

しかし彼の妻・エリザベスは、ニールのために夫が危険に身を投じていると考えており
ニールを夫から遠ざけることで、ピーターを守ろうとしていた。

その彼女が、夫とジョーンズが未だその件から手を引いていない事を嗅ぎ取り
夫婦で話し合いをするという場面からです。

You were hospitalized, Hughes lost his job, Ellen is dead and so is her killer.
あなたは入院、ヒューズさんは失職、エレンは亡くなってるのよ。(エリザベス)

(中略)

All right, but if Neal has some scheme or heist planned, I’m not a part of it.
分かったよ、けどニールが何を企んでいようと、私は関わる気はないんだ。(ピーター)

Then what are you doing?
じゃああなたは何をしてるのよ?(エリザベス)

Watching. So that I can control the outcome.
監視さ。そうすれば事が起こった時にも対処できるだろう。(ピーター)

Honey, I am safe here on the sidelines.
ねえ、私は傍観者なんだから危険はないよ。(ピーター)

I think it’s good he lied to you.
ニールの嘘はあなたのためなのに。(エリザベス)


outcome「結果、成果」。

on the sidelines は「傍観者として、傍観して」ということで
sideline とは「脇線、側線」、サッカーやテニスコートの白線が思い浮かびますが
on the sidelines は、つまりコート外、プレイヤーの立場ではないということなんですね。

一番最後のエリザベスのセリフは、夫にではなく独り言のようにつぶやいた言葉で
この一言でニールの言動の変化の理由は妻にあると、ピーターにはピンと来てしまいます。

こんな優秀な夫と日々暮らすのは、気が張りそうだなと思ってしまいました(笑)。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話