ホワイトカラー シーズン5 第1話より:

out of the frying pan into the fire
一難去ってまた一難


消防士に扮し、ピーターの目も盗んでカーティスの命令を果たしたニールだったが
その成果である金貨を詰め込んだボンベを、
その場に居合わせた本物の消防隊に回収されてしまう。

せっかく2人が手に入れた金貨を、
今度は消防署から盗み出すはめになってしまったのだった。

So out of the frying pan into the firehouse.
つまり「一難去ってまた一難」ってわけか。(モジー)

I didn’t have a choice.
仕方がなかっただろう。(ニール)


out of the frying pan into the fire は「一難去ってまた一難」、
直訳すると「フライパンから飛び出して火の中へ」ということで
パンケーキとかオムレツがフライパンから飛び出してマズいっ!と思ったら
それが火の中に落ちて更にマズいっ!というわけですね。

ここでモジーらしいのが fire を firehouse「消防署」と言い換えているところで
消防隊に持っていかれたから、彼らの行き先である消防署にかけているんですよね。

「ホワイトカラー」を見ているとモジーみたいな友達が欲しくなります(笑)。

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを実施中です!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話