ブレイキング・バッド シーズン4 第7話より:

hold somebody’s feet to the fire
(誰かに)圧力をかける、ストレスを与える


ウォルターの息子・ジュニアが車を運転出来る年になり
彼はかねてから約束していた車を息子にプレゼントすることに。

しかし彼らが選んだスポーツカーを、スカイラーは派手で高価すぎるとして
ウォルターに返品するよう迫る。

ところが返品へ向かう道すがら、衝動にかられたウォルターは車を滅茶苦茶に破壊し
騒動を起こしてしまう。

その騒動は弁護士・ソウルのおかげで、どうにか収拾がついたが
ウォルターの衝動的な行動に違和感を感じたソウルは、悩みでもあるのかと彼に問う。

するとウォルターは、いずれガスに殺される前に、
こちらから先手を打って彼を暗殺したいと言うのだった。

You talking about a hit man?
殺し屋を雇いたいのか?(ソウル)

Assuming that’s still what they’re called.
未だそう呼ばれているらしき者を。(ウォルター)

(中略)

Look, if you held my feet to the fire, I could come up with a couple names,
なあ、あんたが俺にプレッシャーをかけるなら心当たりはある、(ソウル)

One or two guys west of the Rockies who do this kind of work.
1~2人、ロッキー山脈の西側にそういう仕事をする奴がな。(ソウル)

But guess what, these guys? They know Mike.
だがそういう連中は、マイクの知り合いばかりだぜ。(ソウル)


Assuming~ は「~と仮定する、~とみなす」。

そして hold somebody’s feet to the fire は直訳すると「誰かの足を火にかざす」、
アチィっ!という感じですが
それが転じて「(誰かに)圧力をかける、ストレスを与える」、
何かを自分の思う方向に持ってゆくために、相手に圧力をかける、という意味になります。

マイクは元警官であり、腕の立つ殺し屋、掃除屋でもある、裏仕事の達人です。

そういう達人を出し抜いてガスを襲撃できるような人材はそうは居ない、だから諦めろ、
というのがソウルの意見で、この後
どうしてもというのなら Craigslist(クレイグスリスト)ででも探せ、という
捨てゼリフを吐きます。

この Craigslist というのは、アメリカの募集広告サイトで
つまりそんな奴は絶対見つからない、と言ってるわけなんですが
このソウルの、ちょっと人を食ったような口上が毎回面白くて、密かな楽しみです。

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを実施中です!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話