ゴシップガール シーズン1 第4話より:

lose one’s shirt
(賭けに)ボロ負けする、無一文になる、すってんてんになる


セリーナから電話でファッション撮影の見学に誘われているダン。

ただでさえファッション撮影など興味がないのに加え、
その現場ではブレアの撮影が行われると聞き、
日頃から彼女に良い印象を持っていないダンは拒否反応を示す。

Can I bet on that? Because law of averages says I lose my shirt.
信じていいのかな? だってこれまでの確率で言うと、僕はボロ負けの気がする。(ダン)

Oh, come on.
そんな、お願いよ。(セリーナ)

It’s Blair’s shoot, so I have to be there for moral support.
ブレアの撮影だから、私も彼女を支えるために居なきゃならないの。(セリーナ)

Blair? Well,I’m definitely not going now.
ブレアだって? そういう事なら僕は絶対行かない。(ダン)

Look, she’s really not as bad as you think.
ちょっと、彼女はあなたが思うほど悪い子じゃないよ。(セリーナ)


bet「賭ける」。

Can I bet on that? は直訳すると「それに自分は賭けられるだろうか?」、
つまり「(その話を)真に受けて良いだろうか?信じて良いだろうか?」となります。

law of averages「平均の法則(一つの事象が起きる平均的な確率を表す法則)」。

ここでは“セリーナとのデートが実現する確率”をダンなりに計算してみると
多分次も実現しない(賭けに負ける)だろう、というわけです。

そして lose one’s shirt は「(賭けに)ボロ負けする、無一文になる、すってんてんになる」
着ているシャツも失うほど大敗する、ボロ負けする、という意味です。

自分の事を“賭け”にちなんで表現したセリフが上手くつながっていて
ダンの頭の回転の良さが現れていると思います。
(最後に大勝して、幸せになっておくれ・・・)

moral support 「心の支え、精神的支援」。

definitely 「はっきりと、明確に、確実に」。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話