ママと恋に落ちるまで シーズン7 第9話より:

on a separate note
話は変わるが、別件になるが


NYに大型ハリケーンが来ると言うニュースを受けて
元ボーイスカウトのテッドは仲間たちとNYを脱出し避難するべく準備を整える。

各種サバイバルグッズと車も準備し、皆を迎えにいくが
バーニーはテッドを大げさだと散々バカにする。

頭に来たテッドはバーニーのために用意した席に
偶然知り合った美女・マヤを乗せて出発しようとするが・・・。

Oh, come on, Ted, you can’t just leave him here.
お願いよテッド、バーニーだけ置いていくなんて。(リリー)

Uh, yeah, I can. You called me a giant whining bummer.
構わないだろ。 俺を泣き言野郎と呼んだんだぜ。(テッド)

You’re not allowed in my car.
お前は車には乗せない。(テッド)

(中略)

Hey, Ted. I’m ready to go.
テッド、準備出来たわ。(マヤ)

(中略)

Ah, on a separate note, guys, this is Maya.
えーっと、話は変わるけど、彼女はマヤ。(テッド)

I just met her out in the hall.
さっき廊下で会ったんだ。(テッド)

(中略)

She needed a ride out of the city, and we have an extra seat in the car, so…
避難するのに車を探してた、で、ちょうど俺の車にシートが一つあるから・・・(テッド)

Okay, let’s hit it!
それじゃあ、出発しよう!(テッド)

Wow. It’s come to this.
へえ、そういう事か。(バーニー)

You could help a friend, but instead, you’re choosing the hot girl in the tight tank top.
俺を助けるより、ピチピチのタンクトップ美女を優先するわけだな。(バーニー)


you can’t just leave him here(彼一人をここに残していく事は出来ない)
=「バーニーだけ置いていくなんて」。
Uh, yeah, I can(え、出来るよ)=「構わないだろ」。

whining「泣き言、めそめそ言う事」。

bummer「嫌な事、がっかりな事、怠け者、ぐうたら」。

giant whining bummer は「超めそめそダメ人間」みたいな感じでしょうか。

そして on a separate note は「話は変わるが、別件になるが」。

似た表現で by the way「ところで」というのもありますが
on a separate note に比べるとくだけた口語表現で、
例えばビジネスメールに使うような場合は on a separate note の方がふさわしいようです。

let’s hit it(始めよう)は、ここでは「避難を始めよう」=「出発しよう」。

It’s come to this(それがここに至るのか)=「そういう事か」。

ニュースで見ると、アメリカのハリケーンは日本とは規模が違うみたいですよね。

バーニーの家は高級高層アパートメントですが
家も倒壊するほどの嵐という可能性もあるため、
テッドを大げさだとバカにしていた彼も急に心細くなったようです。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話