ザ・メンタリスト シーズン5 第4話より:

bereavement leave
忌引休暇


ギャングの抗争に巻き込まれたと思しきリグズビーの父は
胸に受けた銃弾が元でこの世を去る。

半グレ者の父を長年嫌っていたリグズビーだったが
さすがにショックを隠しきれず、
憔悴しきった顔でCBIのオフィスにやってくる。

父を死なせた犯人を自分の手で捕まえたいと願っていた彼だが
リズボンから忌引休暇を取るよう命じられる。

Rigsby, I am so sorry.
リグズビー、お悔やみを。(リズボン)

Thanks.
どうも。(リグズビー)

We are gonna find whoever did this. Trust me.
必ず犯人を見つける。 任せてちょうだい。(リズボン)

Yeah.
はい。(リグズビー)

You’re on bereavement leave, starting now.
忌引休暇を取って、今からよ。(リズボン)

We’ll give you a call if we catch a break in the case.
状況が変わったら知らせるから。(リズボン)

Okay. Thanks, everyone.
わかりました。皆ありがとう。(リグズビー)


bereavement leave は「忌引休暇」。

bereave の成り立ちは be「(そのように)なる」 reave「(財産、大事な物を)略奪する、強奪する」
=「(人の生命や財産を)奪われる」。

つまり bereavement leave は「(近しい人、親族の命が)奪われた事に対する休暇」
=「忌引休暇」となります。

またこれと近いものでは compassionate leave というのもあります。

こちらは compassionate「温情ある、情け深い」leave「休暇」ということで
例えば親族以外の葬儀列席や、病気の看病・お見舞いなど
「やむを得ない事情で特別に許可される休暇」という意味で
compassionate leave の場合は「忌引」に限ったものではないようです。

さらに leave を用いて、maternity leave「産休」というのもありましたね。

catch a break 「幸運をつかむ、(物事が)上手くいく」。

ここでは「捜査に良い進展があったら」といった感じでしょうか。

知らぬ間に、リグズビーが男の子の父親になっております。

前にちょっと付き合っていた女性との子供みたいですが
結婚はしていなくて、リグズビーがシッターを頼んで面倒を見ている様子です。


※「ザ・メンタリスト」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話