ママと恋に落ちるまで シーズン9 第3話より:

high-end
最高級の、最高仕様の


ロビンのバーニーの結婚式を明日に控えて、
参列者たちは式場となるホテルに宿泊している。

テッドは二人の結婚式を見届けた後、密かにシカゴに引っ越す事を決意。

それは誰も居ない街で心機一転、自分の人生を歩むための、
そして親友の妻となったロビンを見たくない気持ちからであった。

だがその前に、バーニーとマーシャルと男同士でじっくりグラスを傾けようと
テッドはとっておきの高級スコッチを用意していたのだが、
リリーとロビンが不注意でそのボトルを割ってしまう。

600ドルもするそのスコッチを、
リリーはどうにか調達しようと地元の酒屋で探し回る。

We got lucky.
ツイてたわよ。(リリー)

The Farhampton Liquor Store is actually pretty high-end.
ファーハンプトンの酒屋は高級品揃いだった。(リリー)

And their security is a total joke.
なのに警備は激アマ。(リリー)

…Thanks.
・・・ありがとう。(テッド)

And thanks for not telling Robin the list was mine.
ロビンにリストの件を黙っててくれたことも。(テッド)

But I don’t get it.
でも分からないな。(テッド)

You’re so against me moving. Why’d you help me out?
君は引っ越しに反対してたろ。 なぜ助けてくれた?(テッド)

For a guy who loves New York this much, to leave it,
これほどNYを愛してる男が街を去ると言うんだから、(リリー)

you must really need to go, huh?
よっぽどの事なんでしょう?(リリー)

Yeah, I really do.
ああ、そうなんだ。(テッド)


high-end は「最高級の、最高仕様の」。

よく聞くのは家電、車、スマホ、パソコンなどの“ハイエンドモデル”
一般向けとは違う機能やデザインが盛り込まれた、
最高級仕様の品として区分けがされていたりしますよね。

そして high-end の反対は low-end「(製品群の中で)一番安価な、低価格仕様の」、
製品に対して用いられる場合は「一番安い」というか「一般普及版」という感じだと思います。

テッドが用意していたのは“600ドルのグレン・マッケンナ30年”
でもこれはドラマ用の小道具で、実際にはこんなお酒は無いそうですが
このエピソードが放映されてから、“グレン・マッケンナ”を注文する人が
バーや酒屋に急増したそうです(笑)。

total joke「お話にならない」。

their security is a total joke(彼らの警備はお話にならない)
=「警備は激アマ」。

またやりましたね、リリー・・・(まあ架空の話ですが)。

I don’t get it「意味が分からない、訳が分からない」。

ずっとテッドを引き留めたがっていたリリー、
しかし彼の気持ちを理解したのち、応援することにしたようです。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話