ザ・メンタリスト シーズン7 第7話より:

behind on one’s bills
支払いを滞納している・遅れる


リズボンには二人の弟・、ジミーとスタンがおり
今回殺人容疑をかけられているジミーだけではなく
実はスタンも問題を抱えていたことを知る。

ジミーと違い、真面目に働き家庭を築いているスタンだが
仕事の失敗を穴埋めする目的で、良くない筋から大金を借りており
その返済を巡ってトラブルに巻き込まれていた。

ジミーとスタンは姉のリズボンには一切相談せず
二人だけでこっそり解決しようとしていたのだが・・・。

Tell me what’s going on.
何が起きてるのか教えて。(リズボン)

Stan had a couple bad breaks with his business.
スタンは仕事で失敗が重なって。(ジミー)

Karen’s last pregnancy was tough.
奥さんの妊娠も大変で。(ジミー)

He got behind on his bills.
支払いに追われてた。(ジミー)

He owes money to the wrong people.
で、ヤバい奴らから金を借りちまった。(ジミー)

(中略)

You only call to yell at me. Just like always.
姉さんが連絡してくるのは怒りたい時だけ。 いつもそうだ。(ジミー)

Look, I know I was tough on you when you were a kid.
確かに私はあなたには厳しかった。(リズボン)

Come on, you know what mom and dad were like.
仕方なかったのよ、パパとママがあんな風じゃ。(リズボン)

Somebody had to be responsible.
誰かがしっかりしなきゃならなかった。(リズボン)


bad break「不運」。

Stan had a couple bad breaks with his business
(スタンは仕事でいくつかの不運があった)。

そして behind on one’s bills は直訳すると「請求書の後ろに」
自分が請求書より遅れを取っている、支払いが追いついていない
=「支払いを滞納している・遅れる」。

yell at「大声で怒る、怒鳴る」。

tough on~「~に厳しい態度を取る、~にきつく接する」。

I was tough on you when you were a kid
(あなたが子供だった頃、私はあなたに厳しかった)。

you know what mom and dad were like
(パパとママがどんなだったか、あなたも知っているでしょう)。

どうやら頼りにならない両親の代わりに
リズボンが弟たちの面倒をみていたようですね。

Somebody had to be responsible
(誰かが責任を持たなければならなかった)。

その結果、弟たちにきつくなり、未だに煙たがられている、そういう事みたいです。

でも大人になってから本当に感謝の念が湧いてくるのは
厳しく教えてくれた人なんですよね・・・
弟たちも早くお姉ちゃんなりの愛情に気づいてくれると良いんですが。


※「ザ・メンタリスト」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを実施中です!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話