ゴシップガール シーズン2 第25話より:

make a pass at~
~を口説きにかかる、~に言い寄る


ダンがカフェでヴァネッサと高校生活を懐かしがっていると、
そこへネイトがやって来る。

彼は祖父の口利きで政治の世界にコネを作るべく
この時期は女性副市長の雑用係を務めているのだが、
早速年上キラーぶりを発揮しているようだった。

What’s up, Dan, Vanessa?
元気かい? ダン、ヴァネッサ?(ネイト)

Hey, shouldn’t you be getting the deputy mayor her coffee or something?
やあ、副市長のお茶くみ係をやってるんじゃないのか?(ダン)

Well, I think she’d rather I gave her something else.
それがさ、彼女は別の物を欲しがってるみたいで。(ネイト)

Yeah, she made a pass at me.
そう、狙われてるんだ。(ネイト)

God. Is she hot?
へえっ。いい女なの?(ダン)

Actually, yeah, she is.
実はそうなんだ、かなりイケてる。(ネイト)

You’re both disgusting.
2人ともサイテーね。(ヴァネッサ)


would rather~「むしろ~したい、むしろ~の方が良い」。

she’d rather I gave her something else
(彼女は自分に[お茶より]むしろ別の物を与えてもらいたいようだ)。

つまり「副市長が僕に抱かれたがっている」という事ですが
こんな事をサラっと言えちゃう辺り、モテたことしか無い男ですな(笑)。

そして make a pass at~ は「~を口説きにかかる、~に言い寄る」。

make a pass「パスをする」、この時何をパスするかというと
「私/僕に興味ある?、良かったら私/僕とどう?」といった
多くの場合、性的な打診を相手にパスする、というイメージ、
ですから真剣な付き合いというより、短い期間の火遊びを暗示する表現だと思います。

この時点でヴァネッサはドン引きの様子ですが
男2人はイケけるだの何だの、ソッチの話ばかり。

なのでヴァネッサに disgusting「気持ち悪い、最低」と言われてしまいます。
(そりゃそうだ・笑)

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話