ゴシップガール シーズン1 第8話より:

get smoked
圧倒的大差で負ける、銃殺される


ダンを巡って、セリーナとヴァネッサの間には微妙な空気が漂っている。

ダンにとってヴァネッサは幼馴染、セリーナは現在の恋人、
お互いがけん制し合うばかりで、なかなか上手くいかなかったが
ついに二人に和解の時が訪れる。

ブレアの誕生日パーティーで顔を合わせた二人は音楽ゲームを通して
火花を散らし合ったのち、初めてお互いの本心を打ち明け合う。

You guys just have everything in common, and I’m just getting to know him.
あなたたちは色んな共通の話題があるけど、私はまだ彼と知りあったばかり。(セリーナ)

So, you know, it can be a little intimidating.
だからつまり、あなたが少し手ごわく感じられる。(セリーナ)

(中略)

You just admitted that you find me intimidating,
私の事を手ごわいと認めるなんて、(ヴァネッサ)

so how cool does that make you?
あなたもなかなかイケてるじゃない?(ヴァネッサ)

I think you forgot to mention my superior “guitar hero” skills.
私の「ギターヒーロー」の腕前もイケてたでしょ。(セリーナ)

No, I didn’t forget that.
いいえ、それはない。(ヴァネッサ)

And at the next party, I’m asking for a rematch.
次のパーティーでもう一回やらせてもらうよ。(ヴァネッサ)

Because you were about to get smoked.
もう少しであなたの負けだったもの。(ヴァネッサ)


intimidating 「威嚇されるような、脅かされるような」。

how cool does that make you(その事があなたをどれほどカッコよく見せるだろうか)、
=「(自分を手ごわいと認めるなんて)イケてるね」という解釈です。

superior 「上位の、優れた、優勢な」。

rematch「再試合」。

about to~ 「もう少しで~だった」。

そして get smoked は直訳すると「煙(硝煙)を受けた」、
そこから「圧倒的大差で負ける、銃殺される」となります。

このシーンのヴァネッサの感じだと「もう少しであんたをぶっ倒せた」ってとこでしょうか。

このヴァネッサ役の女優さんは、撮影中、チャック役の役者さんと付き合っていたそうですが
なかなか野生的な雰囲気を持つ人だと思います。

いわゆる“平たい顔族”の私にとっては、彼女の目力だけで充分 intimidating(笑)。

在米東洋人の女性は、アイメイクが強めになる方が多いですが
こういう感じの人と対等に渡り合わなきゃならないとしたら、
そりゃアイメイクも強くしたくなりますわ・・・と思わず納得です。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話