姿勢を良くすることで堂々と、心理的にも楽に会話が進むのに加えて、もう一つのメリットは音の響きが良くなる点です。

普段日本語を話すときは、口の中で音を作って話すような感覚ですが、英語の場合は、腹から発声するような、女性の場合は多分日本語の時より声が低くなるような話し方をすると、発音がより良く聞こえるような気がします。

日本国内でも例えば東北地方の話し方は、標準語より声がこもったような感じ、口の中で音が留まっているような感じがあり、東北の親戚によると、寒い地方だからあまり口を開けずにしゃべっていた名残だろうということでした。

慣れれば分かってきますが、やっぱりいきなりだとモゴモゴした感じで聞きづらい、それと同じような感覚が日本語と英語にも言える気がするのです。

その奥ゆかしい話し方を、バーンと明快に強くするには姿勢を良くして腹から声を出すのが第一歩、これまでの経験からも、英語は日本語より腹筋を使って話すようにすると通じやすいのです。

逆に言うと、調子が良い時は自然にそういう発声で喋っているし、調子が悪いとその発声が出来ていない感覚があります。

考えてみると日本語の場合は「あ、い、う、え、お」と音がはっきりクリアなのですが、英語の場合は「ェア、アゥ、ィエ」みたいな曖昧な音まで区別して使い分ける上、子音では空気の漏れる音まで駆使する言語です。

なので日本語の倍くらいの声量で、バーンと音を強く押し出さないと聞こえづらい、通じにくい、日本語と同じ話し方だとおとなしすぎて相手に届かないような気がします。

それを助けるのが姿勢の良さで、やってみるとわかりますが、背が丸まった状態で「アー」というより、ピンと背筋を伸ばして「アー」というと、よりはっきりと強い音が出ます。

とはいえ英語を話す際にイチイチ声量を気にするのも大変(というか忘れがち)なので、まずは背筋を伸ばして姿勢よく話す、これだけでも普段より強い発声で会話が出来ると思います。