私が英文法の参考書としてメインで使っているのは「English grammar in use」という本です。

今は Kindle Unlimited の読み放題サービスに入っているので、英文法の本もいくつか読んでいるんですが、やっぱり痒い所に手が届くのは「English grammar in use」だなと思います。

英語で書かれた英文法の参考書と聞くと、うげえ~と思われる方もいるかもしれませんが、意外に分かりやすかったりします(笑)。

日本語で書かれた優れた本もたくさんあるとは思うんですが、どうも日本語で説明されると、何だか逆に分かりづらい、文法が非常に難しい気がしてしまいます。

英文法の説明が日本語、となると、そもそも英語と日本語は語順が全く違う言語なために、説明を理解するときは日本語脳で、問題を解くときは英語脳で、と切り替えが必要になり頭が混乱するのかもしれません。

その点「English grammar in use」は、英語で英文法なので学習中はずーっと英語脳が続きます。

また一冊の中に必要な文法が網羅されていて、最初のページから順番に練習問題をやってもよいし、読み返したいところだけ見てもよい、シンプルに必要な事が書かれていて、これがあれば基本的に文法については他に買い足す必要はないと思います。

これを辞書を引きながら読むこと自体も勉強になりますし、その過程で自然と文法の基礎が頭に入ってきます。

どうしてそうなるのか説明出来ないけど、この文型が正しいとわかる、という感じになります。

例えば私たちは、母国語の日本語を正しい文型で話すのは簡単ですよね。

でも日本語の文法を外国人に説明するのはとっても難しい。

たくさん英文に触れていくと、英語でも段々その感覚で、いちいち文法を意識せずとも正しい形が何となくわかるようになってきます。

そして多分、それが理想形だと思います。

人と会話をする時に、毎回これはこうだから・・・と文法を考えながら話すわけにはいきません。

日本語にしても、みな家族や周囲の人たちの話を聞いて、文法パターンを蓄積して、正しい日本語を覚えていったはずです。

英語で英文法の本を読む学習は、英文法をやりつつ、このパターンの蓄積も知らずに出来るのが良いところなんです。

一番最初のページを辞書を引きながらでもやり切れば、次もその次も出来るはずです。

そしてどんどん説明の文章を読むのは楽になっていきます。

となれば、英文の読解力もその分上がっているはず、ということはパターンの蓄積も進んでいると言えます。

日本語で書かれた参考書では、この効果までは得られないと思います。

英文で取り組む分、毎回の学習の負荷は若干高いけど、その分成果はどんどん上がります。

私も文法の特訓はあんまり好きじゃない(笑)んですが、正しい英語を身に着けたければ、いつかどこかでしっかりやらねばなりません。

その時、より進歩する方法が英語で英文法の本を読むことかな、と思います。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記