今日から「Studio Ghibli films: An indispensable guide – 絶対見るべきスタジオジブリ作品ガイド」を読んでいます。

   
   


For the first time, the animated output of Japan’s Studio Ghibli is being made available on a streaming service, with Netflix beginning to serve up 21 of the movies in batches from 1 February.
この度初めて日本のスタジオジブリのアニメ映画21作品が、ネットフリックスの動画配信サービスで2月1日より視聴可能になった。

(Although they won’t be available in the US, Canada and Japan, HBO Max will be showing them at some point.)
(だがアメリカ、カナダ、日本を除いてであり、それらの地域ではHBOMaxでいずれ見られそうだ)

There are two types of people – those who have never heard of Studio Ghibli, and those who love the movies with all their heart.
ここには2種類の人たち、スタジオジブリなど聞いたこともない人、そして彼らの作品を心から愛する人たちがいる。

If you have seen any of the films put out by the studio, founded in 1985 by Hayao Miyazaki and Isao Takahata,
もしこれまでに、1985年に宮崎駿と高畑勲により設立されたこのスタジオの作品を見たことがある人がいるならば、

it would either have been in the cinema, on DVD or via their occasional appearance on TV,
それは映画館か、DVDか、TV放映のいずれかであったはずだ、

but the Netflix deal is certain to open them up to a whole new audience.
だが今回のネットフリックスとの提携により、彼らの作品は確実に世界市場へと開かれるだろう。

Japan, of course, is famous for its animated movies, or anime,
日本はもちろん数々のアニメ作品で有名だが、

but Ghibli (the name means ‘desert wind’ in Libyan, chosen by Miyazaki to signify that the venture was going to blow through the existing industry) is in a league of its own,
ジブリ(名前の意味はリビア語で“砂漠の風”、既存のアニメ業界に風を巻き起こすという意味で宮崎氏が名付けた)は、その中でも抜きんでており、


signify「意味する、表わす、物語る、示す、知らせる、前兆となる、重要である」。

in a league of one’s own「抜きんでている、飛びぬけている、特に優れている」。

and its gorgeous painted visions set the template for many more movies that came after its initial releases.
その美しい作画は、その後に続くアニメ作品の見本ともなった。

But with more than 20 movies, all very different, to choose from when Netflix opens the Ghibli gates, where should you start?
だが20以上の作品があり、そのどれもが独特なのだ、ネットフリックスで解禁となった今、一体どれから見始めればよいだろう?



本題はこれからなんですが、一旦ここで区切らせてください(汗)。

日本は「タダでジブリ作品を見られる数少ない国」、そして現在も作品のDVDやブルーレイが売れ続けている国だそうで、今回のネットフリックス配信で日本が外されたのも、そこら辺と関係があるとかないとか。

確かにほとんどの作品はテレビで一度は見たことがあります。

ナウシカは子供の頃に初めて見たと思いますが、大人になってからの方が、心に訴えるものが多い作品の一つでした。

ジブリの意味もこの記事で初めて知りましたが、今回の動画解禁で、世界中に熱い風を巻き起こして欲しいものです。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記