先日から「Studio Ghibli films: An indispensable guide – 絶対見るべきスタジオジブリ作品ガイド」を読んでいます。

   
   


・「絶対見るべきスタジオジブリ作品ガイド」(1)

If you want an Oscar winner…

もしオスカー受賞作をお望みなら・・・


Begin with Spirited Away (2001), which won the best animated feature trophy at the 2003 Academy Awards, and pretty much encapsulates the whole Ghibli ethos.
手始めに2003年にオスカーの最優秀長編アニメーション作品賞に輝き、ある種ジブリの精神を封じ込めた作品である「千と千尋の神隠し(2001)」がおすすめ。


encapsulate「(物を)封じ込める、密封する、(内容等を)要約する、まとめる」。

ethos「気風、精神、思潮」。

Thanks to its high profile, this is often the movie that has introduced people to Ghibli.
そうした脚光を浴びたこともあり、この作品が人々がジブリ作品を知るきっかけとなる事も多い。

It’s a stunningly-realised tale of a 10-year-old girl, Chihiro, who is travelling with her parents to her new home.
10歳の少女チヒロが両親と新居を目指して旅立つところから物語は始まる。

When her father takes a shortcut, Chihiro ends up lost and alone in the spirit world, and has to navigate a dreamlike landscape, populated by increasingly grotesque characters, in order to save her parents.
彼女の父親が近道をしたところで、チヒロは一人はぐれて霊界へと迷い込み、両親を救うために様々な妖怪たちが住む世界を渡り歩く。



If you want to feel unalloyed joy…

純粋な喜びを感じたいなら・・・


unalloyed「(金属が)合金でない、(感情などが)純粋な、真の」。

Then you need My Neighbour Totoro (1988) in your life.
そんな時には「となりのトトロ(1988)」が必要だろう。

This is the movie that launched a million plush toys, and the titular wood spirit – a big, cuddly, furry monster – is the symbol of Studio Ghibli.
この作品からはタイトルに出ている木の精霊、大きくフワフワのモンスターのぬいぐるみの大ヒットが生まれた。


plush「フラシ天(ビロードの一種)、豪華なもの、ぜいたくなもの、ぬいぐるみ」。

titular「名だけの、名義上の、有名無実の、正当な権利を有する、表題の、題名の」。

Set in the 1950s against a beautiful, pastoral backdrop, it tells the story of two young girls and their father who move into a new country home to be near the hospital where their mother is recuperating.
舞台は1950年代、美しくのどかな背景とは裏腹に、2人の姉妹が父親と母親が療養中の病院のそばに移り住む。


pastoral「羊飼いの、牧畜用の、田園的な、のどかな、田舎風の」。

backdrop「背景、状況」。

recuperate「(病気等から〕回復する、活力・元気を取り戻す」。

There they meet Totoro and his friends, notably the incredible Catbus.
そこで2人はトトロと、とりわけ印象的な猫バスを含むトトロの友人たちに出会う。


notably「特に、とりわけ、著しく、顕著に」。

The plot is slight but it doesn’t matter – it’s just wonderful, for younger children and adults alike.
筋書きは単純だが、それで一向に構わない、ただただ素晴らしく、子どもも大人も同じように楽しめる。



「となりのトトロ」はとにかく流行りましたよね~、友達の家に行くと、トトロのぬいぐるみをよく見かけました。

私は猫バスのティッシュケースが欲しかったです(笑)。

今回の動画配信開始をきっかけに、またこういうカワイイキャラクターの品物が世界で流行るかもしれませんね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記