先日から「The best James Bond themes that never made it to the screen – ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」を読んでいます。

ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち


・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(1)
・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(2)
・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(3)
・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(4)
・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(5)
・「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(6)

Pulp, Tomorrow Never Lies

パルプ「トゥモロー・ネバー・ライ」


Film: Tomorrow Never Dies (1997)
作品:「トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)」

Lost to: Sheryl Crow
主題歌に決まったのは:シェリル・クロウ



Better than the chosen theme?: Yes
実際選ばれた曲と比べて?: こちらの方が良かった

Most Bond-like lyric: The city streets are littered with the casualties
ボンドっぽい歌詞:通りは犠牲者たちで雑然としている

When the producers were looking for a song for Pierce Brosnan’s Tomorrow Never Dies, they were particularly proactive, asking several bands to contribute.
当時プロデューサーがピアース・ブロスナン主演の「トゥモロー・ネバー・ダイ」の主題歌探しに非常に積極的で、幾つかのバンドに声をかけていた。


proactive「率先した、前向きな、積極的な」。

One on the longlist was Pulp, the Britpop band who had become national treasure in the UK thanks to 1995’s Common People.
その長いリストに95年の「Common People」で国民的バンドになったパルプも含まれていたのだ。

In true Bond-ticking-timer tradition, apparently, they didn’t have much time to do it, either
正にいつでも時に迫われているボンドらしく、彼らにも多くの時間は許されていなかった、

“It was weird. They set up a kind of American Idol situation, where they asked about nine different artists to come up with a Bond song,” frontman Jarvis Cocker told Time Out.
「すごく妙だった。まるでアメリカンアイドル(選抜オーディション)みたいな状況で、9組のアーティストに主題歌の声がかかっていたんだ。」とフロントマンのジャーヴィスがタイムアウトのインタビューで語っている。

“They listen to nine different attempts of working “tomorrow never dies” into a lyric.
「彼らは tomorrow never dies という歌詞が入った9つの試作曲を聞くわけだよね。


attempt「試みる、企てる、挑む」。

We were told on a Wednesday that the deadline was Friday. Consequently, I was really pissed off when they went with Sheryl Crow instead.”
僕らは水曜に、締め切りは金曜だと知らされた。結果的にシェリル・クロウに決まったと知ったときは、かなりムカついたよ。」


consequently「だから、それゆえ、その結果として、従って」。


ええーっ、これはパルプで実現してほしかったー!!!

今でも彼らの「Disco 2000」はよく口ずさむほど、パルプ好きでした。

let’s all meet up in the year 2000(2000年になったら会おうね)って歌詞が、あの頃は未来を表していたのに、もう2020年・・・(笑)。

どうもこのピアース・ブロスナン時代は、ボンド映画も試行錯誤の時代だったような気がします。

ボンドカーもアストンマーティンからBMWになって、敵方もそれまでのドイツやロシアではなく北朝鮮だったり中国も絡んできたり、主題歌もマドンナやシェリル・クロウなど、以前とは違う系統の音楽にシフトしていました。

しかし Tomorrow Never Lies(明日[未来]は嘘をつかない)って、一瞬ただのダジャレかと思いましたが、歌詞を見ればボンドにふさわしい曲になっていて、時間も少なかったのにさすがだなと。

大作映画のオープニングとしては少し地味な感もありますが、意外に良い曲(フザけてない)でびっくりしました。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記