ブレイキング・バッド シーズン2 第5話より:

let me get this straight
はっきりさせてくれ、話を整理させて欲しい


ウォルターの義弟・ハンクはこれまでの捜査実績を評価され
アルバカーキから国境の街エル・パソへの栄転を命じられる。

このニュースを聞いた家族や同僚から激励を受けるハンクだが
その直後から、どういうわけか体調に異変をきたしてしまう。

まるでエル・パソには行きたくないと、
ハンクの本能が拒否しているような動悸とめまいを覚えるのだ。

そんな夫の様子に気づいた妻のマリーが、彼にどうしたのかと訊ねるシーンからです。

So, let me get this straight.
で、どういうことなのか聞かせてちょうだい。(マリー)

You call in sick?
あなた今日は病欠ですって?(マリー)

The day after receiving a long-awaited, career-boosting promotion.
あなたが長年待ち望んだ昇進の翌日だっていうのに。(マリー)

So you can play Oktoberfest in your man cave?
それで、隠れ家でビール祭りごっこ?(マリー)

I don’t get it.
全く理解できないんだけど。(マリー)


let me get this straight は直訳すると「私にそれをまっすぐにさせて」、それが転じて
「(私に分かるよう)はっきりさせてくれ、話を整理させて欲しい」という意味になります。

聞いた話の要点がイマイチ掴めない、(行動や言動の)わけを聞きたい、
そういう時によく使われるフレーズで
今回の場合はハンクの不可解な行動のわけを聞かせて、という意味ですね。

call in sick は「(学校や会社などに)病欠の連絡をする」。

Oktoberfest は「オクトーバーフェスト」、
ドイツ・ミュンヘンで毎年開催されるビール祭りのことですが、
このマリーのセリフは、このシーンでハンクが自家製ビールを造っているのを見ての一言。

これはガレージや地下室などにビールキット一式を揃えて、
休日にビール作りを楽しむという趣味が盛んなアメリカならではの光景かもしれません。

I don’t get it は「理解できない、分からない」ということで
これも日常的に良く使われる一言だと思います。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話