ブレイキング・バッド シーズン2 第6話より:

make one’s head spin
めまいがする、頭がクラクラする


高額な化学療法のおかげか、徐々にウォルターの体力は回復している。

この治療費はメスを売りさばくことで得ているのだが
家族には、かつての親友で今や億万長者のエリオット夫妻から
援助を受けていることにしているウォルター。

とにかく体調が回復した彼は、化学教師として復職することに。

久々に復帰した教室で、元素についての授業を行うシーンからです。

Monoalkenes, diolefins, trienes, polyenes…
モノアルケン、ジオレフィン、トリエン、ポリエン・・・

The nomenclature alone is enough to make your head spin.
専門的な名称は君たちの頭を混乱させるだろう。(ウォルター)

But when you start to feel overwhelmed, and you will,
しかしもし圧倒されたときは、きっと圧倒されるだろうが、(ウォルター)

just keep in mind that one element.
そんな時はある一つの元素を思い出して欲しい。(ウォルター)

Carbon.
炭素だ。(ウォルター)

Carbon is at the center of it all.
炭素こそは全ての中心に存在するんだ。(ウォルター)


nomenclature 「専門語、学名、名称」。

make one’s head spin は直訳すると「頭を回転させる」
それが転じて「めまいがする、頭がクラクラする」という意味になります。

遊園地の乗り物、コーヒーカップなどで目がまわることがありますが、
そんな感じでクラクラする、目をまわす(ほど圧倒される)という感じでしょうか。

overwhelm は「圧倒する、参らせる、気後れする」ということで
今回のように難しい元素の話だけでなく
異性の魅力に圧倒される、という時にもこの overwhelm が使われたりします。

その意味での使い方としては、One Direction の What Makes You Beautiful という曲が
参考になるかもしれません。

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話