ホワイトカラー シーズン5 第2話より:

stare(look) down the barrel
恐怖に直面する、暗い先行き


ピーターは妊娠中の部下・ダイアナが2日も徹夜をして捜査に明け暮れていると知り
母体と赤ちゃんの安全のため、彼女を捜査チームから外して休ませようと考える。

しかし部下のジョーンズは、もうすぐ産休で現場を離れねばならない事、
出産を期に自分の居場所が無くなるのではないか、というダイアナの不安を見抜き
それをボスであるピーターに話すというシーンからです。

I mean, she’s staring down the barrel at Diana Berrigan, single mother, and that’s scary.
彼女は自分の不安と直面してるんじゃないでしょうか、捜査官からシングルマザーになる、それって不安なことでしょう。(ジョーンズ)

(中略)

She knows she always has a place here.
彼女の居場所はちゃんと保たれる事はダイアナも分かっているはずだ。(ピーター)

But does she?
でも本当にそうでしょうか?(ジョーンズ)

I mean, you were talking about taking her off casework because she’s tired.
今だってボスは彼女が疲れているから捜査から外すって言ったじゃありませんか。(ジョーンズ)

And are you really gonna feel good about sending her on a raid,
それにこれから危険な現場に彼女を送る気になれますか、(ジョーンズ)

when she’s got a kid at home?
家で小さな子が待っている彼女を?(ジョーンズ)


stare(look) down the barrel は「恐怖に直面する、良くない展望を見る」という事で
直訳すると「銃口を凝視する」、
つまり誰かに銃を向けられているように危機的な状況に直面する、となります。

ここでは優秀な女性捜査官としてキャリアを積んできたダイアナが
出産を期に現場から遠ざけられるのではないか、これまでとは立場が変わってしまうのではないかと
恐怖を感じていて、それを払拭するために無茶苦茶に働いているのでは、というわけです。

on a raid 「急襲、不意の攻撃、奇襲作戦」。

ここでは「FBIだ!」と言ってドアを蹴破って犯人を確保するとかいった
荒っぽい現場、危険な現場という解釈です。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話