ホワイトカラー シーズン5 第5話より:

run it by~
~に話を通す、~に聞いてみる


ピーターの妻・エリザベスはかつて
大金持ちのウォルコット家の息子の家庭教師のアルバイトをしていたが
その息子・パトリックはスイスで行方不明になっていた。

それはもう何年も前の出来事だったが、
つい最近そのパトリックが無事に家に戻ったというニュースが飛び込む。

共に芸術好きでパトリックとウマが合っていたエリザベスは
久々の再会をと彼を訪ねたのだが、戻って来た彼は
どうも彼女が知っていた人物とは異なるような印象を受ける。

ウォルコット家は全米でも有数の資産家であり、もし病気がちのパトリックの父が亡くなれば
彼は莫大な遺産を相続することになるが
妙な胸騒ぎを覚えたエリザベスは、ニールに相談を持ちかけるのだった。

How’s Downton Abbey?
ダウントンアビーはどうだった?(ニール)

I know this is gonna sound weird…
自分でもおかしな事を言ってると思うんだけど・・・(エリザベス)

(中略)

You think he’s an imposter?
彼は替え玉だと?(ニール)

So it’s possible.
つまりあり得るわけね。(エリザベス)

Yeah, missing rich kids are a subset.
ああ、行方不明の御曹司なんて格好のネタだもの。(ニール)

(中略)

Will you look into it?
調べてみてくれる?(エリザベス)

Yeah. I have to run it by Peter, but…
いいよ。ピーターに話を通さなくちゃならないけど・・・(ニール)

How is he holding up?
彼の具合はどう?(エリザベス)

I will find out.
見ておくよ。(ニール)


ニールの最初のセリフはドラマ「ダウントン・アビー」にかけたもので
未だに大邸宅で暮らし、執事を置いているウォルコット家を
ダウントン・アビーの当主クローリー家に例えての一言です。

imposter 「詐欺師、ペテン師、にせもの」。

subset 「大きなパート(目的)に属する小さなパート、グループ」。

ここでは財産狙いの詐欺を主目的とすると“行方不明の御曹司”というネタは
それを実現するのに必要な1パートであるといった意味で使われています。

そして run it by~ は「~に話を通す、~に聞いてみる」ということで
ニールの独断では決められないので、上司であるピーターに聞いてみるというわけで
これはそのままビジネスの場でも、よく使われるフレーズだと思います。

またこれと対をなすような表現で
I can run with it?「自分が進めていいですか?」というのもありました。

次のエリザベスの How is he holding up? 「彼の具合(調子)はどう?」というのは
その日の朝、風邪気味だった夫を気づかった言葉で
意味としてはご機嫌伺いの決まり文句 How is he doing?「調子はどう?」などと
ほぼ同じなのですが、特に相手の具合が悪いとか、様子がおかしい時、
その後(体調、様子などの)調子はどう?というニュアンスが強くなる言い方です。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話