ザ・メンタリスト シーズン1 第16話より:

it takes all sorts
世の中さまざま、色んな人がいるものだ


リグズビーはヴァンペルトに弁護士の恋人がいると聞き、心中おだやかでない。

そんなある日、その彼女の弁護士の恋人・ダンが訪ねてくる。

チラチラと横目で様子を伺うリグズビーに気づいたダンが
自分を紹介してくれとヴァンペルトに頼むシーンからです。

Introduce me to your colleague, who keeps staring at me so strangely.
僕を紹介してくれるかい、あそこでジーッと僕らを見てる人にさ。(ダン)

Yeah. Uh… Agent Rigsby? This is my friend, Dan Hollenbeck.
そうね。えーっと、リグズビー? こちら私の友人のダンよ。(ヴァンペルト)

Good to meet you.
はじめまして。(ダン)

(中略)

A lawyer, are you?
弁護士なんだって、あんた?(リグズビー)

I am. … Do we have a problem?
そうです。・・・何か問題でも?(ダン)

No. No problem.
いや。何もない。(リグズビー)

It takes all sorts, even lawyers.
色々いるもんだな、弁護士にも。(リグズビー)

Okay, that’s enough.
ちょっと、そこまでにして。(ヴァンペルト)


it takes all sorts は「世の中さまざま、色んな人がいるものだ」ということで

It takes all sorts to make a world.
色々な考えで世の中は成り立っている。


という諺を省略したものです。

あんまりそれっぽくないけど、ふ~ん弁護士なんだぁ・・・という感じで
リグズビーなりに精一杯の皮肉(負け惜しみ?)を込めているようです。

しかしヴァンペルトは美人なのに、どういうわけが男運が悪く
見ていて気の毒になるくらいなのです。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話