ザ・メンタリスト シーズン2 第19話より:

soft in the head
知恵がない、頭が足りない、ぼける


せっかく捕えたシルヴァンがジェーンの行いによって釈放されてしまい
女性検事・ケリー殺しの犯人捜しは再び振り出しに戻る。

そこでジェーンが目をつけたのは、
ケリーによって懲役刑が確定しそうだったドレイバーという犯罪者。

彼女の死によって恩恵を受けるであろう彼を探りにアジトに乗り込んだジェーンは
そこで車椅子に乗った、痴呆症らしい彼の高齢の母親に話しかける。

I’m telling you, I’ve got nothing to do with the prosecutor dying.
だから言ってるだろ、俺は検事殺しに何も関係してない。(ドレイバー)

And the sylvan guy… never heard of him before I saw him on the news.
それにシルバンとかいう男・・・ニュースで知るまで見たこともねえツラだ。(ドレイバー)

Hello.
どうも。(ジェーン、車いすに乗り、スクラッチくじを削るドレイバーの母に向かって)

Gonna win big! Gonna buy a washing machine.
くじを当てるの! 洗濯機を買うのよ。(ドレイバーの母)

She’s a treasure.
可愛い人だ。(ジェーン)

Hey. You want to leave her alone? She’s a little soft in the head, okay?
おい、ほっといてくれるか? 母ちゃんは少しぼけてるんだ。(ドレイバー)


soft in the head は「知恵がない、頭が足りない、ぼける」。

日本語では“やわらかあたま”と言うと
発想力の豊かな人、柔軟な考え方の出来る人に向けた賛辞になりますが
英語では「頭(脳が)が軟らかい=使い物にならない」というイメージのようですね。

またこれとほぼ同じ「知恵がない、頭が足りない」という意味で
weak in the head という言い方もあり、こちらの方が「頭が弱い」ですから
そのまま意味をイメージしやすいかもしれません。

さらにこの2語では、弱いことと柔らかいことが共通のイメージで用いられていますが
日本を含めアジアの価値観では、必ずしも柔らかいことは弱さではないですよね。

そのあたりの違いも感じるフレーズだと思いました。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話