ゴシップガール シーズン1 第16話より:

put up a good fight
よく頑張る、善戦する、健闘する


ジェニーが夢中になっていたアッシャーのとんでもないスキャンダルが
ブレアによって暴露され、ジェニーの恋はあっけなく終わる。

アッシャーを足掛かりに上流階級への道をひらく夢を見ていたジェニーだったが
彼らのただれた内情を垣間見て、この世界は自分には合わないのだと悟る。

そしてジェニーの夢を壊し、結果的に目を覚まさせてくれたブレアの元に
自分のチャレンジは終わったと告げに行くのだった。

I’m done with you, with them, with all of it.
もうたくさん、あなたにも彼らにも、全てにうんざり。(ジェニー)

Just like that, you wave the white flag?
もう白旗をあげるわけ?(ブレア)

(中略)

I tried to warn you there’s a price to pay.
この世界に入るには代償がいると忠告したはずよ。(ブレア)

I always knew a girl like you couldn’t afford it.
あなたみたいな子には無理だと分かってたけど。(ブレア)

Well, you were right.
そうね、あなたの言う通りだった。(ジェニー)

Well, you put up a good fight for a freshman.
まあでも、新入生にしてはよく頑張ったじゃない。(ブレア)


just like that は直訳すると「ちょうどそんな風に」、
そこから「そんな簡単に、そんなに早くに」といった意味になり
本当にそんな風にやめてしまって良いの?
もう諦めてしまうの?という気持ちが込められた一言です。

wave the white flag 「白旗をあげる、降参する」。

a price to pay「払うべき代償、犠牲」。

贅沢できらびやかな生活を望むなら、それに付随する汚い部分も容認せねばならない、
そういう代償の上に居られる世界なんだとブレアは言っています。

そしてジェニーには couldn’t afford it(その代償は払えない)。

ここでいう a price to pay は、
上流の仲間との付き合いにともなう金銭的な負担と精神的な苦難、
その両方を表現していると思われますが
どちらにもジェニーには無理だろうと言っています。

そして put up a good fight は「よく頑張る、善戦する、健闘する」。

後ろ盾も財産もない、ごく普通の女の子にしては結構頑張ったじゃない、ということで
一応ジェニーの頑張りは認めているようですね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話