トゥルーブラッド シーズン1 第7話より:

run off at the mouth
下らない事を喋る、軽々しく喋る、バカみたいによく喋る


スーキーの兄・ジェイソンは、一度だけラファイエットから入手した
Vドラッグの刺激が忘れられない。

祖母を亡くし、妹のスーキーとも仲たがいをしてしまった彼は
もう一度Vドラッグを求めてラファイエットの家を訪ねる。

だがバーでシェフとして働く傍ら、
密かにドラッグディーラーで稼いでいるラファイエットは
ジェイソンのだらしなさを警戒して売るのを拒否。

ラファイエットは裏稼業で稼いだのち、この田舎町を抜け出して、
新しい人生を送りたいと夢見ており
そのためには、今自分の裏稼業がバレて捕まる事は絶対に避けたいのだった。

I just need to get some more V.
Vドラッグが欲しい。(ジェイソン)

(中略)

I told you not to take too much.
過剰摂取は駄目だと言ったよな。(ラファイエット)

Yeah, I know.
ああ、分かってる。(ジェイソン)

And you wind up in the hospital.
だのにお前は病院送りになり。(ラファイエット)

I said, “Keep quiet about where it came from” and you fucking ran off at the mouth to Tara.
「入手先をバラすな」と言ったのに、タラにしゃべりやがった。(ラファイエット)

Then you got vamped up and fucking threw a cop around.
その上警官をブッ飛ばした。(ラファイエット)

You can’t handle the shit, buddy.
お前にVは扱いきれねえよ。(ラファイエット)

(中略)

At least tell me where I can find more?
せめてどこで買えるか教えてくれないか?(ジェイソン)

The morgue. That’s where you’re going.
お前、死ぬ羽目になるぞ。(ラファイエット)

Get the fuck out of here.
さっさと失せろ。(ラファイエット)


wind up~「結局~で終わるはめになる、(ねじ、ぜんまいを)巻き上げる」

you wind up in the hospital(結局、病院で終わる羽目になった)。

そして run off at the mouth は「下らない事を喋る、軽々しく喋る、バカみたいによく喋る」。

run off「走り去る、逃げ去る」、at the mouth「口元で」、
つまり言葉を留め置けず、全部口から逃がしてしまう、
喋って良い事も悪い事も見境なく話してしまう=「下らない事を喋る、軽々しく喋る、バカみたいによく喋る」。

vamped up は bump up「増加・昇進・昇給する、上の地位に上がる」を
もじったと思われます。

ここでは「(Vドラッグの摂取により)気が大きくなった、大物気取りになった」
みたいな感じでしょうか。

その結果、警官を throw around「振り回す、投げ回す」してしまった。

You can’t handle the shit(お前にはそのブツは扱えない)
そんなバカには売れねえよ、と言っています。

morgue「死体安置所」。

刑事ドラマを見る者にはお馴染みの単語であります(笑)。

The morgue. That’s where you’re going(死体安置所、そこがお前の行く場所になる)
=「死ぬ羽目になるぞ」。

多分、脳内メーカーをやらせたら
「オンナ、ドラッグ、金」で埋め尽くされてそうなジェイソンですが、
それでもタラとラファイエットにとってはスーキーと同じく幼馴染。

これ以上は危ないと忠告してくれていますが・・・。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話