今日から「The truth about Japanese tempura -「天ぷらのホントの話」を読んでいます。


In 1543, a Chinese ship with three Portuguese sailors on board was headed to Macau, but was swept off course and ended up on the Japanese island of Tanegashima.
1543年、ポルトガル人船員3人を乗せ、マカオに向かっていた中国の船はコースを外れ、日本の種子島に到着した。

Antonio da Mota, Francisco Zeimoto and Antonio Peixoto – the first Europeans to ever step on Japanese soil – were deemed ‘southern barbarians’ by the locals because of the direction from which they came and their ‘unusual’, non-Japanese features.
アントニオ・ダ・モタ、フランシスコ・ゼイモト、アントニオ・ペイショット – 日本の土を踏んだ初めてのヨーロッパ人 – らは、彼らの出身地と、日本人らしからぬ異形の風貌から、地元の人々に「南部の野蛮人」と見なされた。


barbarian「野蛮人、未開人」。

The Japanese were in the middle of a civil war and eventually began trading with the Portuguese, in general, for guns.
その頃日本人は内乱の真っ最中で、結局ポルトガル人と、主に銃を求めて取引を開始。


civil war「内戦、内乱」。

And thus began a Portuguese trading post in Japan, starting with firearms and then other items such as soap, tobacco, wool and even recipes.
こうして日本にポルトガルとの交易局が開かれ、銃器から始まり、石鹸、タバコ、羊毛、さらには料理のレシピまで持ち込まれるようになった。

The Portuguese remained in Japan until 1639, when they were banished because the ruling shogun Iemitsu believed Christianity was a threat to Japanese society.
ポルトガル人は、将軍家光がキリスト教を日本社会に対する脅威と捉え、彼らを追放する1639年まで日本に留まった。

As their ships sailed away for the final time, the Portuguese left an indelible mark on the island:
ポルトガル人の船が最後に日本を出たとき、彼らはこの島に消えることのない痕跡を残した:


indelible「消えない、忘れられない」。

a battered and fried green bean recipe called peixinhos da horta.
ペイシーニョシュ・ダ・オルタと呼ばれる、衣をつけて揚げたインゲン豆のレシピだ。

Today, in Japan, it’s called tempura and has been a staple of the country’s cuisine ever since.
今日の日本では、天ぷらと呼ばれ、この国を代表する料理となっている。



天ぷら、カステラ、ランドセル・・・ポルトガルがもたらした物は、今もしっかり日本に根付いていますね。

美味しい食事は、外交でも大切な役割を果たすといった話が「ザ・クラウン(英王室が舞台のNETFLIXドラマ)」でも出てきたと思います。

当時の日本人もきっと、揚げたインゲン豆って美味しいーっ!となったんでしょうね(笑)。

ラーメンでもカレーでも納豆スパゲティでも、日本人は「取り入れて作り替える」のが本当に得意というか、好きなんだなあと思います。

美味しい天ぷらのホントの話を、早速見ていきましょう!

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記