ブレイキング・バッド シーズン2 第7話より:

make inroads
食い込む、侵入する


国境の街・エルパソへの栄転が決まり、かの地へ赴いたハンクは
英語よりもスペイン語が幅を利かせる土地で悪戦苦闘していた。

明らかに自分の力量を試している仲間たちの間で
それを気にしないフリをしつつ、何とか自分の存在価値を示そうともがいていたが
妻のマリーには元気な様子しか見せない。

マリーはエルパソはド田舎で嫌だと一人自宅に残り、
ハンクは問題なくやっていると姉に報告するのだった。

Hank’s doing great down there.
ハンクは新天地で頑張ってるわ。(マリー)

He’s really making inroads.
新しい職場にも食い込んでるみたい。(マリー)

I’m sure he is. He’s a hero, after all.
そうでしょうね。彼はヒーローだもの。(スカイラー)

So, you going to go down to El Paso?
で、あなたもエルパソに行くの?(スカイラー)

Please. It’s third-world enough around here.
ご冗談を。ここだって十分すぎるほど私には田舎なのよ。(マリー)


make inroads 「食い込む、侵入する」。

inroads には「侵入」という意味があり、そこから考えていくと make inroads は
新入りが古参の仲間入りを果たすとか、自分の居場所を切り開くといった感じで
仲良く和気藹々というよりも、存在感を示して周りに認められるさまを表していると思います。

次のマリーの Please は「ホントにお願いしますよ、ご冗談を、とんでもない」という意味で
相手の言うことに呆れたとか、分かってないなあ、という気持ちが示されています。

third-world は「第三世界、後進国、発展途上国」ということで
ここでは「文明国でない=田舎である」という解釈になります。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話