ゴシップガール シーズン1 第14話より:

rub it in
(不快な話を)蒸し返す、しつこく話題にする


ジェニーの誕生日会をめぐり、
仲良しグループの座を追われたブレアの策略が動き出す。

一方ジェニーは自身の誕生日会に着ていくドレスが無く
それを買うお金も無いため、質屋通いを繰り返していた。

そしてある日、質草が尽きてしまった彼女は
仲間の家のクローゼットから高価なドレスを無断で持ち去ってしまう。

それを質草に高級ブランドのドレスを手に入れたジェニーだったが
まさかの誕生日会当日、そのことが父も含めた皆の前でばれてしまうのだった。

外出から戻ったばかりで、何も知らないダンは
誕生日会の後片付けをしている父の様子がおかしい事に気づく。

Hey. Who turned 12?
やあ。12歳になった子は誰?(ダン)

Oh, please don’t rub it in.
なあ、頼むから蒸し返さないでくれ。(ルーファス)

Dad, what happened?
父さん、どうしたの?(ダン)

(ジェニーの部屋に入るダン)

Hey. you okay? You wanna tell me why you needed to borrow $8,000?
おい大丈夫か? 8000ドルを借りたい理由を俺に話してみるかい?(ダン)

(中略)

…Just got in way over my head.
・・・もう私の手に負えなくなっちゃった。(ジェニー)


rub it in は「(不快な話を)蒸し返す、しつこく話題にする」。

it は“話題にしてほしくない不快な事”を表し、
rub は「こする、摩擦する、すりつける」ですから
直訳すると「(それを)すりつける」=「(不快な話を)蒸し返す」となります。

over one’s head 「(その人の)理解の範囲を超えている、手に負えない」。

ジェニーは way over my head 、way「はるかに遠く」を付け加えて
「自分の手をはるかに超えて」と言っています。

友人の家に遊びに行った時、
広いウォークインクローゼットに何百着とドレスがあるのを見て
出来心が芽生えてしまったジェニーなんですが
事もあろうに超高額の一着を持って来てしまいます。

まあドレスを見る目はあるんでしょうが・・・
娘が人様の物に手を付けたと知ったルーファスが悲しそうで気の毒な回でした。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話