ゴシップガール シーズン1 第14話より:

out of deference to~
~に遠慮して、~に気を使って、~に敬意を表して


ブレアはかつての仲良しグループに、
自分の後釜としてジェニーが入りこんでいるのが癪に触っており
どうにか立場を挽回したいとセリーナに告げる。

だがセリーナはブレアに、ジェニーが高級レストランで彼女たちと誕生日会を開く事、
それに自分も呼ばれたが、ブレアに気を使って断った事を打ち明ける。

ブレアが考えている以上にジェニーは上手くグループに溶け込んでいるようで、
自分だけ取り残されたような気分を味わうのだった。

So Jenny Humphrey is officially being inscribed on the A-list.
それじゃジェニーは主要メンバー入りってわけね。(ブレア)

Wait. How do you know this?
待って。 何でそんな事知ってるわけ?(ブレア)

Because they invited me, but said no out of deference to you.
だって私も誘われたもん、でもあんたに悪いと思って断ったよ。(セリーナ)

Just thought I could have dinner with her and Dan and the whole family.
それにダンと彼の家族みんなでお祝いできるだろうと思ったから。(セリーナ)


inscribe 「(文字、名前等を)刻む、しるす」。

being inscribed on the A-list(Aリストに名前を刻まれた)の A-list は、
ここではジェニーの入った仲良しグループを指しています。

英米のエンターテイメント界の記事で、いわゆる有名人を格付けするような内容で
A-list celebrity「超有名人」という言葉を見かけることがあります。

一口に有名人といっても、世界的なレベルの人からローカルの人まで様々で
その中でも別格の「超有名人」という意味合いで A-list が用いられているんですね。

学校に置き換えれば「皆が一目おく中心グループ」、
そこにジェニーが入ったらしいと言っています。

そして out of deference to~ は「~に遠慮して、~に気を使って、~に敬意を表して」。

deference は「服従、敬意、尊敬」、 out of~ 「~のため」、
=「(相手への)敬意のために」、
くだけて言うと「(相手に)悪いと思って、遠慮して」といった意味になります。

実はジェニーはグループのお嬢様たちのレベルに合わせるため、
この時点で色んな無理をしているんですが
そろそろその無理に綻びが生じてきそうです。

グループのランチ代が一人120ドルという時点で、背伸びにも限界があるはずですが
家族にも内緒で危ないやりくり・・・ジェニーはどこへ向かっていくのでしょう。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話