ゴシップガール シーズン1 第15話より:

if (my) memory serves
(私の)記憶が正しければ


SATを翌日に控えた夜、ジョージーナにどうしても会いたいとせがまれたセリーナは
仕方なく一時間だけという約束で彼女と夕食を共にするが
ふと気づくとすでにSATの開始時間は過ぎ、
ジョージーナと二人、見知らぬホテルの部屋で目覚める。

昨夜からの記憶が飛んでいて青ざめるセリーナだが、
すでに試験開始時間が来てしまっていた。

Wait, how did we get here? What are we doing here?
待って、どうやってここに来たっけ? 私たちここで何してるの?(セリーナ)

Oh, my god. I’m supposed to be at Hunter college.
まいったな。 今頃ハンターカレッジに居るはずなのに。(セリーナ)

If memory serves, and it usually does,
もし記憶違いでなければ、まあ大抵正しいんだけど、(ジョージーナ)

they don’t let you in if you’re late.
遅れたら入れてもらえないはずよ。(ジョージーナ)

(中略)

Look, don’t worry.
ねえ心配しないで。(ジョージーナ)

I called Lily and covered your ass.
リリーには連絡して、上手く誤魔化しておいてあげたから。(ジョージーナ)


if (my) memory serves は「(私の)記憶が正しければ」。

この言い方は控えめというか、謙虚さを感じるものですが
その後、it usually does(大概は正しいけどね)と追い打ちをかけるあたりが
ジョージーナなんですね(笑)。

cover one’s ass 「(その人のために)言い訳をしてあげる、失態を取り繕う」。

セリーナはもちろん母親の手前なんかでなく、
試験に遅れている事に焦っているのですが
ジョージーナはあえてズレた応対をして、彼女をイラつかせます。

この二人にどういう事情があるかはまだ分かりませんが
これが frenemy「フレネミー(友達を装った敵)」というやつでしょうか。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話