トゥルーブラッド シーズン1 第4話より:

clear one’s name
疑いを晴らす、汚名をすすぐ


スーキーの兄・ジェイソンにかけられた
バーのウェイトレス・ドーンの殺害容疑は
タラの嘘の証言により一旦、和らいだものの、真犯人の手がかりはない。

ドーンは刺激を求めてヴァンパイアが集うバーに通っていたことが分かり
スーキーは、彼女はヴァンパイアに殺されたのではと考える。

そこでビルにエスコートを頼み、そのヴァンパイア・バー「牙の夢」に行き
兄のために犯人捜しをしようとする。

“Fangtasia”?
「牙の夢」?(スーキー)

You have to remember that most vampires are very old.
ヴァンパイアは年寄りが多い。(ビル)

Puns used to be the highest form of humor.
昔は言葉もじりがイケてたのさ。(ビル)

Well, I was thinking if I went there I could do some sniffing around.
とにかく、そこに行けば真犯人の手がかりがあるかも。(スーキー)

(中略)

I just gotta tell Sam I’m leaving, and run home and change.
サムに早退すると頼んで、家に戻って着替えてくる。(スキー)

(中略)

Hey, Sam? Is it all right if I take the rest of the night off?
サム? 今夜は早退してもいい?(スーキー)

Why?
どうした?(サム)

I need to go to that vampire bar in Shreveport.
ヴァンパイアバーに行きたいの。(スーキー)

So I can snoop around and see if I can clear my brother’s name.
そこで兄の嫌疑を晴らす証拠を探る。(スーキー)

(中略)

Oh, Jesus. Sookie, you gonna get yourself killed, you know that?
何を考えてるんだ。 スーキー、殺されに行く気か?(サム)


fang「牙」と fantasia「幻想曲、空想」をかけあわせて Fangtasia「牙の夢」、
それがヴァンパイア・バーの店名のようです。

pun「だじゃれ、ごろ合わせ、言葉もじり」。

highest form of~「~の最高の表れ・形態」。

Puns used to be the highest form of humor
(言葉もじりはかつてユーモアの最高形態だった)=「昔は言葉もじりがイケてた」。

sniff around「(クンクンと)嗅ぎまわる、(情報などを)探る」。

Is it all right if I take the rest of the night off?
(今夜の[勤務の]残り時間は休んでもよい?)。

snoop around「うろうろ探し回る」。

see if~「~かどうか確かめる」。

そして clear one’s name は「疑いを晴らす、汚名をすすぐ」。

その人の name「名前、評判」を clear「潔白な」状態にする、
不名誉な誤解を解く、傷ついた評判を元に戻す、疑いを晴らす、といった意味になります。

I can snoop around and see if I can clear my brother’s name
([手がかりを]探し回って、兄の誤解を解けるか確かめる)
=「兄の嫌疑を晴らす証拠を探る」。

一応、ヴァンパイアが集うバーと、人間が集うバーは住み分けがされてるみたいですね。

怖い物見たさ、または一夜の冒険を求める人間がたまにそこを訪れるように、
ビルもまた、人間たちのバーに何かを求めて来たんでしょうか。

Sookie, you gonna get yourself killed, you know that?
(スーキー、自分で自分を殺す事になるぞ、分かってるだろ?)
=「殺されに行く気か?」。

ビルの守りがどれほど強いのか分かりませんが
サムが慌てるのももっともですよね。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話