トゥルーブラッド シーズン2 第4話より:

throw a monkey wrench into
(計画等の)邪魔をする、妨害する、ぶち壊す


マリアンに不気味さを感じ始めていたタラは
一緒に自分の家に住もうというスーキーの提案を受け入れ
マリアンの家から引っ越す。

スーキーはビルと旅行中なので、たった一人の家の中で
タラは誕生日だというのに落ち込んだ気分で過ごしていたが
そこにマリアンたちが訪ねてきて、今夜はタラの誕生日パーティを開くという。

Surprise! Surprise!
サプライズ!(マリアン)

Nobody should spend their birthday alone.
だってあなたの誕生日でしょう。(マリアン)

(中略)

Hey, what were you crying about?
何で泣いてたの?(エッグス)

I always cry on my birthday. It’s always the worst day.
いつも誕生日には泣くのよ。 一年で最悪の日だもの。(タラ)

No matter what I do, I end up crying because my birthday always sucks.
何をやったって泣くはめになる、失望するだけの日。(タラ)

…Well, this is the year that changes.
・・・今年は違うよ。(エッグス)

I promise you that.
約束する。(エッグス)

We had been planning this party for days,
ずっと前から計画があったのに、(マリアン)

but you threw a major monkey wrench into things by moving out!
あなたが引っ越しちゃうから台無しよ!(マリアン)

(中略)

We are gonna have a wicked good time.
今夜は最高に楽しめる。(マリアン)

I can feel it in my bones.
きっとよ。(マリアン)


Nobody should spend their birthday alone
(誰も誕生日を一人で過ごすべきではない)
=「だってあなたの誕生日でしょう」。

end up~「結局~になる、~で終わる」。

No matter what I do, I end up crying because my birthday always sucks
(何をしても、私の誕生日は最悪だから泣いて終わるはめになる)。

どれだけ気の毒な誕生日を過ごして来たんでしょうか・・・
エッグスでなくても、思わずタラを抱きしめたくなります。

そして throw a monkey wrench into は直訳すると「レンチ(工具)を投げ入れる」、
そこから「(計画等の)邪魔をする、妨害する、ぶち壊す」。

もう作業なんかやってられっか、と工員が機械にレンチを投げ入れる、
すると機械が壊れて大変なことになり、以降の仕事の妨害になる、ぶち壊す
そういうイメージから来た表現と言われています。

また monkey wrench は「サルでも使えるほど扱いが簡単なレンチ」
ボルトをつかむ幅が変えられるレンチを指します。

you threw a major monkey wrench into things by moving out!
(あなたの引っ越しによって、[計画に]でっかい邪魔が入った!)。

wicked「邪悪な、不道徳な、いたずらな、お茶目な」。

feel it in one’s bones「直感する、確信する、予感がする」。

このシーンの、嬉しい気持ちと怖い気持ちが混ざり合ったタラの表情が絶妙です。

あとエッグスは、ここのセリフでタラの心をつかんだ感じですね・・・
うーん、タラちゃん大丈夫かな。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話