トゥルーブラッド シーズン3 第7話より:

next of kin
最も近い親族、相続人


スーキーは瀕死の重傷を負い、病院に運ばれる。

出血がひどく輸血をせねばならないが、病院で調べたところ
何とスーキーには血液型が存在しない事が判明。

仕方なく万能なO型で輸血をするも拒絶反応を起こし、重篤な容態に。

スーキーの保護者として兄ジェイソンが呼ばれ
ほぼ助かる見込みがないため、臓器提供を承諾して欲しいと言われるが・・・。

I understand that this is hard, but as the responsible party here,
おつらいのは承知していますが、保護責任者として(臓器移植関係者)

there’s certain decisions that you might have to make.
どうかご決断を。(臓器移植関係者)

No. No. I ain’t responsible.
俺は責任者じゃない。(ジェイソン)

But you are the next of kin.
でもあなたは近親者では。(臓器移植関係者)

Maybe, but I ain’t responsible. I mean, I can’t be.
そうかもだけど、俺には責任なんか取れない。(ジェイソン)

I understand your position, but in the event your sister…
お立場は分かりますが、万が一妹さんが・・・(臓器移植関係者)

Just leave him alone, please.
今は構わないでやってくれ。(ラファイエット)

Go find somebody else’s organs to harvest or some shit like that.
臓器提供者なら他で探せよ。(ラファイエット)


responsible party「責任者、担当者、適任者」。

certain「確実な、信頼できる、とある、ある一定の」。

there’s certain decisions that you might have to make
(あなたの決断が必要かもしれない、ある一定の事がある)=「どうかご決断を」。

そして next of kin は「最も近い親族、相続人」。

当該者の隣の kin「血縁、親族、親類」=「最も近い親族、相続人」、
多くの場合は親か子供になるでしょうが、スーキーはもうお兄さんしかいないので
ジェイソンが next of kin になります。

in the event of~「(万が一)~の場合は」。

organs「臓器」。

harvest「収穫、刈り入れ、採取」。

Go find somebody else’s organs to harvest
(誰か別人の臓器を刈り取りに行けよ)=「臓器提供者なら他で探せ」。

血液型が存在しない血液、ってどういうことなのか。

スーキーの血液は生まれつきなのか、ビルの血を取り込んだせいなのか・・・
いずれにしても人間の手では、もはや彼女を救えないようです。

あとO型って generous(寛容)ですよね、ありがたい。

O型は皆にあげられるけど、もらえるのはO型のみ、
逆にAB型はみんなからもらえるけど、あげられるのはAB型のみだそうで。

ちなみにジェイソンはAB型とのこと(まあドラマだけど)、
アメリカ人では珍しいかも。

何か、この家系の血筋には特別な謂れがあるような感じですね。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話