トゥルーブラッド シーズン3 第10話より:

save one’s skin
(他者に構わず)身を守る、(自分だけでも)難を逃れる


かつて自分の家族を滅ぼした敵・ラッセルに死を覚悟で復讐を挑んでいるエリック。

そんな折、スーキーの血には、
どんなヴァンパイアも欲しがる特殊能力を授ける力がある事が判明。

そのことをビルやエリックだけでなく、ラッセルも知ってしまったために
エリックは一時的にスーキーを「牙の夢」の地下にかくまう。

エリックが心配でたまらないパムは彼女を利用して、
ラッセルから自分の身を守るよう彼に提案するが、却下されてしまう。

You’re too busy signing wills and making out with the solution instead of using her.
遺言の準備やら残債整理をするより、スーキーを利用するのよ。(パム)

There isn’t any way to use her. It won’t work.
彼女は使えない。 無駄だ。(エリック)

We know Russell wants her.
ラッセルはあの子を欲しがってる。(パム)

Give her to him to save your own skin.
彼女を渡して取引すればいいのよ。(パム)

No.
駄目だ。(エリック)

(中略)

I have no interest in inheriting your farm on Irlande.
あなたの農場なんか私、いらないわよ。(パム)

That place is a windy shithole.
ド田舎じゃないの。(パム)

If you’re not gonna give him Sookie, at least figure out how to use her and fast.
スーキーを渡さないなら、早急に利用方法を考えて。(パム)


make out「作り出す、まとめ上げる、作成する、書き出す、小切手を振り出す」。

solution「(問題等の)解決、解答、借金返済、債務履行」。

You’re too busy signing wills and making out with the solution instead of using her
(あなたは彼女を利用するよりも、遺言書に署名や借金返済に忙しい)
=「遺言の準備やら残債整理をするより、スーキーを利用するのよ」。

1000年も生きているエリックですから、整理すべき財産も借金もたくさんあるらしく、
ここ数日、弁護士を呼んで片っ端から片付けています。

そして save one’s skin は直訳すると「自らの皮膚を救う」
そこから「(他者に構わず)身を守る、(自分だけでも)難を逃れる」。

ニュアンスとしては、なりふり構わず自分だけでも助かる、
他者を犠牲にしても危機を回避する、といった意味になります。

Give her to him to save your own skin(自分を救うために、彼女を彼に渡しなさい)
=「彼女を渡して取引すればいい」。

inherit「受け継ぐ、相続する、遺伝する」。

That place is a windy shithole(その場所は風が強くてむさくるしい)
=「ド田舎」。

figure out「答えを出す、見つけ出す、理解する」。

パムの考えでは、エリックの3倍の年齢、約3000歳のラッセルを倒すのは
如何に強い彼でも難しいと思っているみたいですね。

あとパムは絶対エリックを好きなんだと思うんですが、
エリックは彼女の思いには気づいていて無視している感じですね・・・。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話