先日から「Can blue lights prevent suicide at train stations- 青い照明が鉄道駅での自殺を防ぐ?」がテーマの記事を読解しています。

・「青い照明が鉄道駅での自殺を防ぐ?」(1)
・「青い照明が鉄道駅での自殺を防ぐ?」(2)
・「青い照明が鉄道駅での自殺を防ぐ?」(3)

Since publishing her paper, Ueda has been stunned by the number of enquiries she gets from railway firms around the world, including Switzerland, Belgium and the UK.
上田教授のもとには論文を発表以来、スイスやベルギーや英国を含む世界中の鉄道会社からの問い合わせが殺到し、唖然とした言う。


stunned by~「~に唖然とする・呆然とする」。

“It’s amazing,” she says.
「ものすごかったです」

There are already at least two examples of blue light installations in Britain – one at a train crossing in Scotland, and there are also such lights at Gatwick airport train station.
すでに英国には少なくとも2か所、スコットランドとガトウィック空港の鉄道に青い照明は設置されていた

While she understands the issue of cost associated with the screen doors, she reiterates that it’s important to understand that the blue light effect may be more subtle than some think – and we still don’t know exactly what impact the lights are having.
ドア設置に絡む設備コストの問題を知り、青い照明の効果は巷の期待ほど大きくないかもしれないが、まだどれほどの力があるかも分かっていないことを繰り返した。


reiterate「(何度も)繰り返す」。

For example, perhaps the installation of new, bright lights – regardless of colour – caused people to become more self-aware, thus changing their behaviour, suggests Ueda.
例えば色に関わらず新しい明るい照明の導入により、人々はより自覚的になり、それにより振る舞いを変えることがあるかもしれません。と上田教授。

And maybe after time the blue lights, should they be effective at preventing suicide, will fail because people will grow accustomed to them.
また青い照明は自殺防止に効果を見込めるはずだが、のちに人々がそれに慣れてしまえば効果が薄れることもあるだろう。

Ueda is now conducting a fresh study to measure the psychological impact of blue lights, but there are already conflicting results on that point from other teams.
上田教授は現在、青い照明の心理的影響をはかる新たな研究に取り組んでいるが、チーム間で既に結果に相違が出ているという。

The 2017 paper mentioned above gave credence to the idea that blue lights could be calming, but Stephen Westland, an expert in colour and design at the University of Leeds, says the lights may not influence another important factor – someone’s impulsiveness.
上記で述べた2017年の論文によれば、確かに青い照明は心を鎮めるのかもしれないが、リーズ大学の色彩デザインの専門家、ウェストランド氏によれば、照明は(自殺防止の点で)他の重要な要素、人間の衝動性にまで影響を与えるかは疑問とのことである。


impulsiveness「衝動性」。

すごく興味を持って読んできたんですけど、そんなミラクルはないぞ、って話で終わりそうですね・・・。

でも気を取り直して(笑)最後まで読んでいきます。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記