今日から「Amabie: The Japanese monster going viral – アマビエ:バズっている日本の妖怪」を読んでいます。

アマビエ:バズっている日本の妖怪


In Japan, as parts of the country declare a state of emergency, people here have been reacting to the Covid-19 pandemic in a unique way:
現在、緊急事態宣言下にある国の一つである日本では、人々が独特な方法でパンデミックに反応している:


state of emergency「非常事態、非常事態・緊急事態宣言」。

react to「気触れる、受けとめる、反応する」。

by sharing images online of a mystical, mermaid-like being believed to ward off plagues.
疫病を追い払うとされる、神秘的で人魚のような画像をオンラインで共有しているのだ。


plague「疫病、伝染病、ペスト、異常大発生、大襲来、やっかい物」。

Largely forgotten for generations, Amabie, as it’s known, is an auspicious yokai (a class of supernatural spirits popularised through Japanese folklore) that was first documented in 1846.
何世紀も忘れられていたアマビエは吉兆の妖怪(日本の民間伝承で広まった超自然界の霊魂の一種)として知られ、1846年の文献に初めて登場している。


auspicious「前兆のよい、縁起の良い、幸先の良い、めでたい、吉兆の」。

As the story goes, a government official was investigating a mysterious green light in the water in the former Higo province (present-day Kumamoto prefecture).
伝えられるところによれば、旧肥後地方(現在の熊本県)の役人が、水中で緑色に光る何かを調査した。


as the story goes「伝えられているところによれば」。

When he arrived at the spot of the light, a glowing-green creature with fishy scales, long hair, three fin-like legs and a beak emerged from the sea.
彼がその光る場所に着くと、魚の鱗と長い髪、3本のヒレのような足、そしてクチバシを持つ輝く緑の生き物が、海から浮かび上がった。


emerge from~「~から浮かび上がる、脱する、現われる、明らかになる」。

Amabie introduced itself to the man and predicted two things: a rich harvest would bless Japan for the next six years, and a pandemic would ravage the country.
アマビエは男性に自己紹介をし、二つの予言を告げる:今から6年間続く豊作と、そして疫病による国の破壊とを。


ravage「破壊、荒廃、破壊の猛威、荒らされた跡、惨害、損害」。

However, the mysterious merperson instructed that in order to stave off the disease, people should draw an image of it and share it with as many people as possible.
だがその謎の半魚人は、もし疫病を食い止めたいならば、自分の姿を絵にかいて、出来る限り多くの人々がそれを共有するようにと教えたのだ。


merperson「半魚人」。

stave off「(辛うじて)避ける・防ぐ・食い止める、免れる、払いのける」。


まさかBBCがアマビエ(英語だとアマビー?)について触れる日が来るとは・・・アマビエ自身も何世紀かぶりの、いきなりの大注目に驚いているのでは(笑)。

お菓子屋さんがアマビエ練り切りや、ケーキ、飴などを作っていて、あれを体内に取り込んだら効くかな?と思っていたんですが、ああやってたくさんの人に広めることは、まさにアマビエ様のご指示に叶っていたんですね。

迷信だよと一笑に付すのは簡単・・・けれどもこの時期にこうして一気に広まる事には、何か神意が働いているような気もします。

どうもお菓子は人気すぎて買えないようなので、そのうちオムライスにケチャップでアマビエ風の何かを書こうと思っています(笑)。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記