今日から「Uncovering Amazake: Japan’s ancient fermented superdrink – 甘酒の秘密:日本古来のスゴイ発酵飲料」を読んでいます。

甘酒の秘密:日本古来のスゴイ発酵飲料


By the time I made the hike down the long pathway from the top of Kyoto’s Fushimi Inari to the houses below, I was thirsty.
京都の伏見稲荷の頂上から、下の家々までの長い道をハイキングで降りる頃、私は喉が乾いていた。

Which was convenient, since many local residents take advantage of foot traffic from the mountainside Shinto shrine by hosting small cafes in their homes.
山腹の神社からの通り道に住む人々が、その立地を活かして自宅で小さなカフェを営んでおり、こんな時は便利である。

It was on that winding street that I first encountered amazake, an ancient, non-alcoholic, lightly fermented rice drink, which a helpful English sign noted could be served “hot or cold”.
私が初めて甘酒、ノンアルコールで軽く発酵させた米から出来る飲み物に出会ったのは、そんな曲がりくねった通り道で、それは「ホットかアイス」で飲めるとの、英語での案内に助けられた。

I looked at the faintly sweet and creamy drink as a reward for my physical activity, one that, like kombucha, promised to replenish me after physical activity.
私はほのかに甘くてクリーミーなその飲み物を運動のご褒美、まるでコンブチャのように、運動後の私を満たしてくれそうだと感じた。


replenish「再び満たす、補充する」。

But what my 400yen bought me was actually a microcosm of Japanese culinary history.
だがこの時の400円が私にもたらしてくれたのは、実は日本の料理史の縮図だったのだ。


microcosm「小宇宙、小世界、縮図」。


甘酒は drinkable IV「飲む点滴」とも呼ばれるほど、栄養価が高いことは有名ですね。

発酵食品は、腸内環境を整え、免疫力をアップする助けにもなりますので、こういう時には積極的に摂りたいものです。

味噌、ぬか漬け、納豆と並ぶ日本の発酵食品、甘酒の謎にせまってみましょう!

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記