トゥルーブラッド シーズン2 第5話より:

step up one’s game
しっかりやれ、もっと頑張れ、ペースをあげろ


スーキーの家に引っ越したタラのもとにマリアンたちが訪ねてきて、
タラの誕生日パーティを開いてくれたのは良かったが
なぜかパーティが終わっても、マリアンたちはスーキーの家に居座り続ける。

それを不気味に感じたタラが、マリアンたちに自分の屋敷に戻るよう頼むと
驚いたことにあの豪華な屋敷は一時的に借りていただけだという。

そしてもう持ち主に家を帰さねばならず、行き場を失ったので
スーキーの家に一緒に居候したいというマリアン。

タラがそれは出来ないと断ると、マリアンは素直に引き下がったが
なぜかその日の夜、バーに出勤したタラは皆から責められ酷い目にあう。

Nice of you to show up for work tonight.
今夜は仕事に来たのか。(サム)

…I said I was sorry.
・・・さっきも謝ったでしょう。(タラ)

I would have got fired. Lucky you slept with the boss.
私だったらクビだわよ。 ボスと寝てて良かったわね。(アーリーン)

Tara, step up your game! We’re way behind!
タラ、さっさとやってくれ! 注文が詰まってる!(サム)

Arlene, don’t make me fire you for talking trash!
アーリーン、くだらない事で俺を怒らせるな!(サム)

(中略)

It’s Tara’s fault.
悪いのはタラだろ。(テリー)

What’s my fault?
何がよ?(タラ)

Sleeping where you eat.
自業自得ってやつ。(テリー)

Jesus Christ, Terry, what’d I ever do to you?
何なのよ、テリー、私があんたに何をしたって言うのよ?(タラ)


step up one’s game は直訳すると「あなたのゲームを進歩させろ」
そこから「しっかりやれ、もっと頑張れ、ペースをあげろ」。

ここでは「仕事」を game に例えて
「もっと仕事のペースをあげろ」みたいな感じでしょうか。

サムはその後に We’re way behind(俺たちはかなり[客の注文に]遅れを取っている)
と言っていますので「しっかり仕事をこなして早く追いつけ」とも取れます。

いずれにしても step up your game と言われたら、
もっと頑張れ、しっかりしろ、と発破をかけられている状態です。

さらにサムはアーリーンに対して

don’t make me fire you for talking trash!
(下らない軽口で君をクビにさせないでくれ!)
=「くだらない事で俺を怒らせるな!」。

今夜は従業員の歯車がかみ合わず、皆がイライラ・・・
そこに調理場のテリーが加わり、口論は更にヒートアップします。

Sleeping where you eat(自分が食べる場所で寝る)=「自業自得」。

これは where you eat(君が物を食べる場所)=「職場」を意味しており
そこで Sleeping(寝る)とはすなわち「職場で誰かと恋愛関係に陥る」こと。

つまり Sleeping where you eat「職場で誰かと寝たからさ」
=「自業自得」という解釈になっていると思われます。

これには他にもバリエーションがあって

・Don’t Shit where you eat(食べる場所で排泄するな)
・Don’t get your meat where you get your bread
(肉[恋愛]とパン[日々の糧・給与]を同じ場所で得ようとするな)

いすれも「職場で誰かと恋愛関係に陥る」事の危険さを説いています。

でもまあ・・・職場恋愛から結婚する人はすごくたくさん居ますよね(笑)。

そういう風に上手く収まれば良いけれど、関係がこじれた場合、
職場がややこしくなるので気をつけろ、という感じでしょうかね。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話