トゥルーブラッド シーズン5 第1話より:

throw a lifeline
救いの手を差し伸べる


スーキーは突然家に押し入って来たアルシードの彼女・デビーを撃ち殺してしまう。

デビーの放った銃弾をタラが受けてしまい、衝動的に彼女を撃ってしまったのだ。

だがそうとは知らないアルシードが翌日、スーキーの家にやってきて
ラッセルが脱走したこと、その結果スーキーの身が危険なので
自分と今すぐ逃げようと助けにやってくる。

思わずアルシードにデビーの事を打ち明けたくなったスーキー、
だが昨夜の一部始終を知るラファイットが割って入ってくる。

Get the fuck up out of here, wolf!
出てけ、この狼野郎!(ラファイエット)

What the fuck is his problem?
一体何なんだ?(アルシード)

He just broke up with his boyfriend, he ain’t himself.
彼は恋人を失ったばかりで荒れてるの。(スーキー)

I’m sorry about you and your boyfriend but I’m here because Sookie’s in danger.
そいつは気の毒だが、俺はスーキーを守りたいんだ。(アルシード)

(中略)

We done with all the supernatural bullshit!
こっちは超自然の連中にはもうウンザリなんだよ!(ラファイエット)

(中略)

I’m throwing you a lifeline here. Please take it.
俺は君を救いたいんだ。 一緒に来てくれ。(アルシード)

Like I said, I can’t.
さっきも言ったけど、無理なの。(スーキー)

You know where to find me if you change your mind.
いつでも待ってる。(アルシード)


break up with~「~と別れる」

not oneself「(本来の)その人ではない」。

be done with~「~を終わりにする、~との用事は済んだ、~との関係を終了する」

We done with all the supernatural bullshit!
(俺たちは超自然の諸々との用事は済んだ)=「超自然の連中にはもうウンザリ」。

そして throw a lifeline は直訳すると「命綱を投げる」
そこから「救いの手を差し伸べる」。

I’m throwing you a lifeline here(俺は君に命綱を投げてる)
Please take it(それを受け取ってくれ)=「君を救いたい、一緒に来てくれ」。

You know where to find me if you change your mind
(俺の居場所は知ってるだろう、もし気が変わったなら)
=「いつでも待ってる」。

アルシードはデビーとは一応別れてるんですけど、
そのことをスーキーは知りません。

一方撃たれたタラは、頭に重傷を負ってしまい・・・
どうしても彼女を助けたかったスーキーとラファイエットは
禁断の方法に手を出してしまいます。


※「トゥルーブラッド」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話